« 『9次元から来た男』を見てきました(3回目) | トップページ | 航空専門学校の教え子仙台に集う »

新月と富士 仙台(多賀城)へ

 昨晩東京での仕事(超音波探傷レベル2実技講習)を終えて、新幹線で仙台へ移動しました。 

Img_0922

Fuji

 昨晩は新月。怪しい月光の下、富士山が見えました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

Img_0933

 シルエットの富士山も美しい。

 次のは先日「ゆりかもめ」の電車の車窓から撮影したものです。

Img_0909a

 今日からは、再認証受験者用の浸透探傷試験実技講習会です。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 『9次元から来た男』を見てきました(3回目) | トップページ | 航空専門学校の教え子仙台に集う »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに拝見させていただいています。
私もファブで非破壊検査をしていますので、過去のネタもさかのぼって勉強させていただいています。
前回RT-3に挑戦しました。パートA,B,C,D,Eは合格でしたが、手順書のパートFで不合格。。。
結構自身があったのに「何故??」って感じです。
採点基準が分からず、困っています。
何かアドバイスございましたらお伺いできますか?

投稿: | 2017年2月 1日 (水) 16時27分

RT3の受験、お疲れさまでした。
惜しかったようですね。
記述式問題を答案も見ずに、「おそらくここで落ちているでしょう」というのは、相当に高度な「試験通」でも難しいです。RT3については、私はその域に達する情報を持っていません。
手順書の問題では、一般的には出題設定に応じたキーワード・キー項目・キー数値があって、それが落ちていると不合格になるということはあります。
私に言えるのはそのくらいです。

投稿: SUBAL | 2017年2月 2日 (木) 06時37分

ありがとうございます。
もっとJIS規格を読み込んで、再試験がんばりたいと思います。
レベル3の勉強を始めて、非破壊検査は勉強すればするほど、やればやるほど、奥が深い分野だと、また「おもしろい!」と改めて感じています。
これからも興味深い、考えさせられるネタを紹介してください。
(去年の7月中旬に瑞江でRT-3講習会を受けてたとき、
別室でUTの講師をされていたSUBAL様をお見かけしました。
思い切ってお声掛けしようと思ったのですが、初対面で失礼かな、と思って断念しました。)

投稿: kei | 2017年2月 2日 (木) 08時32分

kei さん

がんばってください。

>レベル3の勉強を始めて、非破壊検査は勉強すればするほど、やればやるほど、奥が深い分野だと、また「おもしろい!」と改めて感じています。

この感覚よくわかります。非破壊検査の仕事は、地味でコツコツやる仕事で、時には依頼主の「不都合な真実」を明らかにすることになり、嫌われる場面も多々あります。

それでもこの分野を勉強すればするほど、その深さを感じます。科学技術の粋を駆使して、見えないきずを推理して、起こるかもしれない未来の事故を事前に防止する・・・知識+経験+哲学=知性のある大人の仕事・・・そう感じています。

どこかでお目にかかることがあるでしょう。私は私のブログや私の本を読んでいます、というかたとお目にかかるのを楽しみに旅をしています。次回は遠慮は無用です。ぜひ声をかかてください。

昨年7月は瑞江に行っていませんし最近UTの講習は亀有で行っていますので、人違いか時期の勘違いをされているのだろうと思います。

いずれにせよ、非破壊検査技術屋仲間として今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: SUBAL | 2017年2月 3日 (金) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/64832021

この記事へのトラックバック一覧です: 新月と富士 仙台(多賀城)へ:

« 『9次元から来た男』を見てきました(3回目) | トップページ | 航空専門学校の教え子仙台に集う »