« 飛翔する恐竜? ジェラシックパーク北海道 | トップページ | 論語『知好楽』とボクシング村田諒太選手 »

率直な意見交換

 このところ週末を北海道で過ごし、ウィークデイに大阪や東京へ出かけて仕事をすることが続いています。今週は月曜日(22日)に上京して、3か所で仕事をしてきました。

Img_1988

 最初は浜松町にあるこの会社。ご縁ができて、今後ここ関連のお仕事をするかも知れません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 2か所目はいつものここ。

Img_1990

 26日は川崎にある探触子メーカーを訪問。プロジェクトを前に進める探触子の製作について、ひざ詰めで協議しました。とても面白く勉強になりました。

 飛行機に乗る直前には某非破壊検査技術者と会って、若干見解のずれがある件について協議しました。

 いずれもメールではややもすすればぎくしゃくしがちな問題を、腹を割って率直に話すことによって、道が開けた・・・そんな感じのする1週間でした。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在6位です

|

« 飛翔する恐竜? ジェラシックパーク北海道 | トップページ | 論語『知好楽』とボクシング村田諒太選手 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
メールだとぎくしゃくしがちな問題とは、ニュアンス的にはどういう事を言われているのか分かっている様な気がしますが、又そういう事を私も体感しますが、SUBALさん的にはこの件に関してに限らずどういう点でというか、どういうきっかけで温度差が生まれたりぎくしゃくしたりすると捕らえられていますか?
何故そんなことをお聞きしたいかは、最近私はメールは便利ではあるけれど、やっぱりある程度時間や空間を共有して、表情やテンションを合わせないと、何かズレが生じるもなんだなと感じている為です。
まだあまり知らない相手なら良いのですが、近かった相手が、会わない状況でメールで話をすると結構そんな感覚になるような気がします。
あ、異性の話ではありませんので悪しからず…m(__)m

投稿: ニコニコ | 2017年5月28日 (日) 22時07分

ニコニコ さん

 今回は別々の3件がありました。それぞれ別の人であり、テーマも問題点も異なります。でも共通するのは、新しいことをやろう、チャレンジしようということでした。
 それぞれ立場もありますし、考え方や持っている知識やスキルの違いもあります。ギリギリのことを一緒にやろうとするときは、お互いの微妙なずれを確認して、方向と道筋を一致しておきたいと考えました。メールだと、微妙なところがなかなか埋まらないんですよね。場合によっては取り返しのつかない溝を作ってしまうことにもなりかねません。
 直接会って話しても、うまくいかない場合もありますが、メールや電話よりましです。
 2番目の探触子メーカーの技術者との話は、私が詰めたい事項が先方にとってはあまり部外者には話したくないことであろうというのは想像できましたから、直接会ってストレートにこちらのやりたいことと問題点をぶつけました。そうしたら本当に親切に答えてくれました。問題点解決のためのアイデア等いろいろと教えてもらいつつ、実に気持ちよく技術的なラリーができました。

>近かった相手が、会わない状況でメールで話をすると

 多分会わない期間のうちに、お互い微妙に抱えていることや価値観に違いが出てきたのでしょうね。
 無条件に分かり合える相手というのは、そうそういないということではないでしょうか?
 信頼できるパートナーというのは、ずれが生じたときに率直な対話で溝を埋めることのできる人だなぁ…最近改めてそう思います。
 このコメントのことを考えながらTVの『情熱大陸』でボクシングの村田諒太選手を取り上げた番組を見て、ピピ!!ときました。「尊敬できる相手との真剣勝負は、結果いかんにかかわらず楽しめる。」

投稿: SUBAL | 2017年5月29日 (月) 01時09分

メールや電話が普及していても、例えば打ち合わせのみで出張するというのもそんなところで意義がありそうですね。お互いの目や空気を感じながら言葉を選んでいく、波長を合わせるという感じでしょうか。
確かに信頼しあえる人というのは、そうそういないのかもしれません。やはりそれは自然なことであって、それは大前提としてバランスが大事なのかもしれませんね。
ありがとうございます。

投稿: ニコニコ | 2017年5月29日 (月) 23時02分

ニコニコさん

そうなんですよね。言語学では、言語には「ことば」以外にボディーランゲージ(body language)があるといわれています。表情やしぐさですね。
それともう一つ、直接会話にはやりとり(ラリー)の瞬発性があります。
「ことば」の達人になれば、俳句や詩のように、短い言葉で膨大なイメージを伝えることができるのでしょうが、私にはとても無理な世界です。
人とのコミュニケーションは苦手なので、やはりここぞというときには直接会って話したいですね。

投稿: SUBAL | 2017年5月31日 (水) 01時20分

SUBAL先生
ウィークデイのご出張でお世話になりました受講生です。
大変お世話になり ありがとうございました。
先生方のご指導のおかげで 実技はできたのですが 筆記系でノーマークだった部門のものが出てしまい お手上げ状態になってしまいました。
合格しているといいのですが 先生と また 亀のところでお目にかかることになってしまうかもしれません....
その時はその時で また ご指導をよろしくお願いいたします。

投稿: カメでの受講生 | 2017年6月19日 (月) 13時18分

カメでの受講生 さん

コメントありがとうございました。
そうですか。合格しているといいですね。
筆記系というと、手順書の問題ということですね。
よろしければ、どの領域だったか、答えられなかったのはどんな問題だったか教えていただけませんか?
このブログの「プロフィール」からでもよろしいですし,このコメントの「SUBAL」をクリックすると「NDI JAPAN.com」のHPに飛びますので、その問い合わせ頁からでもメールが届きます。

投稿: SUBAL | 2017年6月19日 (月) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65334409

この記事へのトラックバック一覧です: 率直な意見交換:

« 飛翔する恐竜? ジェラシックパーク北海道 | トップページ | 論語『知好楽』とボクシング村田諒太選手 »