« American Airlines 383便事故 その4 疲労破壊の起点は内部の異常組織 | トップページ | 本田技術研究所航空機エンジンR&Dセンターの長濱氏と共同発表 »

第8回非破壊評価総合展で

 本日3日間の『第8回非破壊評価総合展』最終日です。

Bigsite6

 場所は東京ビッグサイト。

Bigsite5

 連日大勢の人がつめかけています。

Bigsite4

 卒業してから20年ぶり、日本航空専門学校非破壊検査研究部部長に会うことができました。直接非破壊検査の仕事ではありませんが、海外を飛び回って活躍中です。タフで愉快なキャラクタは当時のまま。なつかしい。今日も卒業生が来てくれることになっています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 本日13時から、『非破壊評価技術セミナー』で、本田技術研究所航空機エンジンR&Dの方と連名で『Ni基粉末冶金超耐熱材料の超音波探傷手法の構築~新材料を実用化する為に~』と題した講演が行われます。

 会場に来れれる方がいらっしゃったら、ぜひご来場ください。生SUBALを見ることができます(笑)。

 ニチゾウテックのブースでは、「半自動アンカーボルト劣化診断システム』が展示されています。

Bigsite2

 このシステムには画期的なアイデアがいくつも組み込まれていますが、そのうち2つは私のアイデアが採用されています。

Bigsite1

 こちらのブースにもぜひお立ち寄りください。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在8位です

|

« American Airlines 383便事故 その4 疲労破壊の起点は内部の異常組織 | トップページ | 本田技術研究所航空機エンジンR&Dセンターの長濱氏と共同発表 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65561476

この記事へのトラックバック一覧です: 第8回非破壊評価総合展で:

« American Airlines 383便事故 その4 疲労破壊の起点は内部の異常組織 | トップページ | 本田技術研究所航空機エンジンR&Dセンターの長濱氏と共同発表 »