« 『非破壊評価総合展』(19日~21日@東京ビッグサイト)で「航空産業と非破壊検査」 | トップページ | American Airlines 383便事故 その4 疲労破壊の起点は内部の異常組織 »

American Airlines 383便事故 その3 低サイクル疲労破壊

 American Airlines 383便のエンジン(CF6-80C2:GE製)高圧タービンディスク第2段の破壊は、低サイクル疲労でした。

 タービンは当たり前ですがエンジン稼働時に高速に回転します。回転するとディスク自身に生ずる遠心力によって応力が発生します。起動ー停止を1サイクルとした疲労亀裂の進展が起き、破壊に至ることがあります。これが低サイクル疲労です。

1c1d8d48a2b611e682f5550f6e7ecfc6640

Fatigue

"NTSB  MATERIALS LABORATORY FACTUAL REPORT Report No. 17-034" より

 中心の孔(ボア部といいます)近くが、最も高い応力になります。今回はボア部表面下の異常組織が起点となりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 1サイクル当たりのき裂進展量に相当するストライエーションが詳細に調査されました。

Fatigue1

"NTSB  MATERIALS LABORATORY FACTUAL REPORT Report No. 17-034" より

 この調査で、破壊までに7000サイクルであったことが分かっています。

 問題は、起点となった組織異常です。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 『非破壊評価総合展』(19日~21日@東京ビッグサイト)で「航空産業と非破壊検査」 | トップページ | American Airlines 383便事故 その4 疲労破壊の起点は内部の異常組織 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65549241

この記事へのトラックバック一覧です: American Airlines 383便事故 その3 低サイクル疲労破壊:

« 『非破壊評価総合展』(19日~21日@東京ビッグサイト)で「航空産業と非破壊検査」 | トップページ | American Airlines 383便事故 その4 疲労破壊の起点は内部の異常組織 »