« 水谷豊、40年前の札幌地下街でタップダンス | トップページ | American Airlines 383便事故 その1 事故報告書公開 »

航空機エンジン部品加工トライアル公募開始

 三菱重工航空エンジン㈱と川崎重工(株)がバックアップし、名古屋商工会議所 産業振興部が主催する『航空機エンジン部品加工トライアル』の公募が開始されたとの情報が流れてきました。

Nije

 お国もバックアップしているようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 ニッケル基の耐熱合金がお題のようです。加工技術そのものでは、問題ないレベルにある金属加工業者はたくさんあるのではないかという気がします。航空機部品となると、信頼性の確保という要求に高いものがあり、参入には壁となるはずです。

 意欲ある業者に航空機エンジン部品加工への参入の道筋を案内しようという試みです。このあたりの動き、最近いくつか具体的なものになってきています。航空機・ジェットエンジン好きとしては歓迎したいニュースです。

 ちなみに7月21日(金)に東京ビッグサイトで開催される『非破壊評価総合展』の中で、本田技術研究所航空機エンジンR&Dセンターの長濱氏が『Ni基粉末冶金超耐熱材料の超音波探傷手法の構築~新材料を実用化する為に~』と題して講演します。

 航空機エンジンのタービンに使われるニッケル基耐熱合金の中でも最先端になる粉末冶金による超合金の話です。超音波探傷技術の開発には私も深くかかわっています。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 水谷豊、40年前の札幌地下街でタップダンス | トップページ | American Airlines 383便事故 その1 事故報告書公開 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65507003

この記事へのトラックバック一覧です: 航空機エンジン部品加工トライアル公募開始:

« 水谷豊、40年前の札幌地下街でタップダンス | トップページ | American Airlines 383便事故 その1 事故報告書公開 »