« 第8回非破壊評価総合展で | トップページ | 土用丑の日@亀戸 »

本田技術研究所航空機エンジンR&Dセンターの長濱氏と共同発表

 7月19日(水)~21日(金)に東京ビッグサイトで開催されていた『第8回非破壊評価総合展』でセミナーは航空機の非破壊評価がテーマでした。

Img_2234

 その中で、21日本田技術研究所航空機エンジンR&Dセンターの研究員長濱氏が、私と連名で、「Ni基粉末冶金超耐熱材料の超音波探傷手法の構築~新材料を実用化する為に~」と題した講演を行いました。

Img_2254

 「HONDA・航空機」というと、一般には飛行機としてのHONDA JETが思い浮かぶかもしれません。HONDAは別会社で独自のエンジンを開発しています。長濱氏は、「機体としてのHONDA JETを開発製造している会社とは別組織で、我々にとってHONDA JETはエンジンを買ってくれるお客様のひとつです」と最初に説明しました。

 ここまではすでに公になっていて、航空関係の情報通であれば知っていることです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 長濱氏は「世界のジェットエンジンメーカー(GEやP&WやRolls-Royceなど)はそれぞれ独自にエンジン用耐熱合金を開発しています。HONDAもエンジンメーカーとして独自の粉末冶金によるタービン・ディスク用の耐熱合金を開発してきました。」と続けました。エンジンを開発するだけでなく、エンジン材料の開発をしてきたということです。

 このことは本邦初公開です。

 この新素材を実用化していくためには、数々の壁を乗り越えなければなりませんが、そのひとつが非破壊評価法の確立です。

 私は、非破壊検査・超音波探傷のプロとしてこの開発過程をサポートしてきました。今回その成果の一端が公開されました。この材料の探傷に適合する特殊な二重フォーカス探触子を開発し、良い成果が出たということが報告されました。

Img_2247

 小さな会場でしたが、ほぼ満席。

 講演終了後は時間切れになるまで熱心な質問が続きました。

 5年前に航空専門学校を定年退職して、フリーランスとして独立しました。コツコツやってきて、成果を世間に公表できるところまで来て、感無量です。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在7位です

|

« 第8回非破壊評価総合展で | トップページ | 土用丑の日@亀戸 »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65570097

この記事へのトラックバック一覧です: 本田技術研究所航空機エンジンR&Dセンターの長濱氏と共同発表:

« 第8回非破壊評価総合展で | トップページ | 土用丑の日@亀戸 »