« Boeing787のトイレの窓からTrent1000 | トップページ | ロサンゼルス補遺 »

Boeing717のコックピット

 ロサンゼルスからの帰国途中で乗ったBoeing717での座席は、1Cでした。1番前の通路側。出発前に前方を見ると、操縦席が見えます。

Img_2466

 最近ではお目にかかれない光景です。拡大したのがこちら。

Img_2466a

 へー、アナログ計器ではないのだ。液晶ディスプレイタイプの統合電子計器になっています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 Wikiには717のコックピット計器の写真が掲載されています。

Boeing717cockpit

Img_2560

トコトンやさしい 航空工学の本』(日刊工業新聞社)より

 Boeing717というと、ずいぶん古い型式の飛行機と思いがちですが、ジャンボ(Boeing747)やBoeing767よりも販売開始時期は新しいのです。下表はWikiより。

Boeing7x7

 ディスプレイタイプの統合電子計器は1980年代に貼って登場したBoeig767からです。Boeing717は1990年代後半に登場して、10年足らずで生産中止になった、短命の旅客機です。

Img_2471

 離陸開始前には、写真のようにドアが締められました。多分9.11テロ後に後付けされたドアだと推測します。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在3位です

|

« Boeing787のトイレの窓からTrent1000 | トップページ | ロサンゼルス補遺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65646162

この記事へのトラックバック一覧です: Boeing717のコックピット:

« Boeing787のトイレの窓からTrent1000 | トップページ | ロサンゼルス補遺 »