« Boeing787主翼の破壊試験 | トップページ | Boeing717のコックピット »

Boeing787のトイレの窓からTrent1000

 Boeing787に乗って帰国中する途中、当然トイレに行きました。そうしたらトイレに窓があるんですね。

Img_2497

 窓から、ジェットエンジンが見えるではありませんか。席に帰ってiPadを持ってきました。相当に怪しい動きでしょ(笑)。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

Img_2499

 787にはGE90かRolls-RoyceのTrent1000かですが、Trent1000ですね。Trent1000の製造とメンテナンスには日本の三菱重工や川崎重工かかわっています。教え子も携わっているはずです。

 Trent1000はタービンブレードが吹っ飛ぶなどの不具合が続発していました(ANAのページ)。このタービンブレードには日本の物質材料研究機構(NIMS)のスーパーアロイが深くかかわっていると聞いています。

Img_2529

 まぁ、何事もなく無事着陸。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在7位です

|

« Boeing787主翼の破壊試験 | トップページ | Boeing717のコックピット »

ジェットエンジン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65642018

この記事へのトラックバック一覧です: Boeing787のトイレの窓からTrent1000:

« Boeing787主翼の破壊試験 | トップページ | Boeing717のコックピット »