« 『時代』 挫折を肥やしにする力 | トップページ | 変わりゆくもの、変わらぬもの その2 »

変わりゆくもの、変わらぬもの その1

 先日古巣である日本航空専門学校へ超音波探傷の講習に行ってきました。思い起こせば、42歳で決断してこの学校に職を得て転職して25年です。四半世紀になります。このとき入学した学生が18歳だとすれば今43歳、当時の私の年代になっています。

 卒業生の中には驚くような活躍をしている者もいるようで、いろいろな話が伝わってきています。アクロバット飛行の第一人者であったり、企業経営者であったり、航空機エンジン開発やロケット開発のスタッフであったり、分野は多岐にわたります。非破壊検査の分野でも、ほぼ日本のトップランナーだろうというものも複数います。そんな華々しくはなくても、それぞれの立場で重要な役割を果たしている卒業生もたくさんいます。

 でも他方で、運に恵まれず苦しんでいる者もいるんだろうなと想像します。

 25年の歳月に思いを馳せながら、変わりゆく日本航空専門学校と変わらないところを写真で紹介します。今回は変わったところ。

Img_2802

 体育館と管理棟との間に、現在建設中の施設。脱出訓練もできる航空機キャビンのモックアップと思われます。体育館の北側には新たに女子寮が建設中。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

Img_2774

 男くさい学校でしたが、どこかフェミニンな雰囲気が加わっています。

Img_2806

 最も変わったのは滑走路南側。すでに売却されていて、太陽光発電パネルが並んでいます。

Img_2805

 最南端には、倉庫と思われる大きな建屋が建設中でした。

Img_2826

 旧滑走路側から北側を見ると、実習等の色は変わっていますが、広がる空を含めて風景は25年前とほぼ同じです。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在8位です

|

« 『時代』 挫折を肥やしにする力 | トップページ | 変わりゆくもの、変わらぬもの その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65822280

この記事へのトラックバック一覧です: 変わりゆくもの、変わらぬもの その1:

« 『時代』 挫折を肥やしにする力 | トップページ | 変わりゆくもの、変わらぬもの その2 »