« JAL6便ニューヨーク行き エンジンタービンブレード破損 | トップページ | 秋刀魚の輝きと読者との出会い »

比叡山延暦寺 『開運の鐘』

8月26日(土)、倅と一緒に比叡山へ行ったという話は先日のブログに書きました。

琵琶湖側からケーブルカーで登って山道を歩いていると、鐘の音がゴーン・・・ゴーン・・・と途切れることなく無く響いてきます。

若い修行僧が交代で突いているのだろう。暑いのに大変だなぁ…。

鐘楼についてみると、

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 列をなして参拝者が鐘をついています。賽銭箱が用意してあって、「一打50円」の看板が添えてありました。

 なるほどね。こうすれば、若い僧に役務を課すことなく、間断無く鐘の音は山に響き渡る。自動鐘打ちシステムが出来上がるというわけですね。

このところ運がないように見える倅、50円を出して鐘を突きました。

運は自ら切り拓くしかないのだけれどね。

不肖、私も一突きしてきました。私は持てる運はもう使い果たしている感がありますがね(藁)。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在6位です

|

« JAL6便ニューヨーク行き エンジンタービンブレード破損 | トップページ | 秋刀魚の輝きと読者との出会い »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65764902

この記事へのトラックバック一覧です: 比叡山延暦寺 『開運の鐘』:

« JAL6便ニューヨーク行き エンジンタービンブレード破損 | トップページ | 秋刀魚の輝きと読者との出会い »