« 開発の仕事は困難があるからこそ | トップページ | 吉兆か、輝く鶴翼 »

材料屋としての自殺行為 神戸製鋼データ改竄事件

 耳を疑う衝撃的なニュースが飛び込んできました。毎日新聞記事『神戸製鋼 データ不正 アルミ・銅 強度不足も』。

 いろいろな製品の設計は、強度データをベースに行われるわけで、元データが改ざんされているとしたら、すべての設計計算が意味をなさないということになります。材料屋としては、「ちょっと間違いました」というレベルではなくて、自殺行為だといわざるを得ません。それをあの神戸製鋼がやるかという感じです。

 神戸製鋼のコメント

Kobelco

 美しい言葉の背後でやられていることのせこさ。あきれるばかりです。でも、最近こういうことが社会に蔓延しているような気がします。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 日産の検査不正事件といい、日本を代表する企業が目先のことしか考えずに「信頼性」というところに傷をつけることに組織ぐるみで手を付けるようになってしまっています。

 日産の時にも書きましたが、その時その命令を受けた技術者は何を考え何をするのかということです。 

 ものづくり日本凋落の狼煙でないことを願うばかりです。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在7位です

|

« 開発の仕事は困難があるからこそ | トップページ | 吉兆か、輝く鶴翼 »

科学技術」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/65902185

この記事へのトラックバック一覧です: 材料屋としての自殺行為 神戸製鋼データ改竄事件:

« 開発の仕事は困難があるからこそ | トップページ | 吉兆か、輝く鶴翼 »