« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

新産業創造機構@神戸で勉強会

 神戸にある新産業創造機構(NIRO)で勉強会が開催されます(NIROのHP)。

Niro

 兵庫県の技術者たちが私の著書『破壊工学基礎のきそ』(日刊工業新聞社)の勉強会をしていたそうです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "新産業創造機構@神戸で勉強会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoft数式3.0が消えた‼!

 MS-OFFICEのオブジェクトとして標準でついていたMicrosoft数式3.0が最近消えてしまいました。予告なしです。

Ms

 数式が入った文章には便利だったんですけどね。何があったんでしょうか?

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Microsoft数式3.0が消えた‼!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

IPROS TechNote 破壊工学の基礎知識 連載3回目 応力と応力集中

 IPROS TechNote『 破壊工学の基礎知識』として連載をしています。連載3回目「応力と応力集中」が公開となりました(こちら)。

Ipros3

 応力集中については、このブログでも、『絵とき 破壊工学 基礎のきそ』(日刊工業新聞社)でも書いてきました。

破壊工学の基礎知識3 応力と応力集中

【もくじ】

1. 応力集中とは?

2. 応力集中と破壊

3. き裂と応力集中

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "IPROS TechNote 破壊工学の基礎知識 連載3回目 応力と応力集中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれから20年 超音波探傷シミュレーションソフトウエアの開発

 昨日と今日、東京都江東区青梅で『第25回超音波による非破壊評価シンポジウム』が開催されていました。今回私は参加していません。

 ちょうど20年前、第5回の超音波シンポジウムで、私は『超音波探傷入門者訓練用シミュレーションソフトの開発』というタイトルで発表しました。東京での学会的な場所での発表は初めてでしたので、緊張しました。

98utsymp1_2

 ちゃんとスーツとネクタイ姿で登壇していますね。当時の発表スタイルはOHP(Overhead Projector)が主流でした。私のは動きを見せたかったので、1日のレンタル料4万円を自腹で出して発表に臨みました。写真中央の黒い箱がそれです。ある意味勝負をかけたところがあります。この顛末は10年前にブログ記事にしています。

 その時のレポートは、J-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)に収録されています。ダウンロードは有料のようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "あれから20年 超音波探傷シミュレーションソフトウエアの開発"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現代刀職展 @ 刀剣博物館

 21日(日)に両国へ行ってきました。

Img_3382

 大相撲初場所中日。目的地はそのすぐ北側、安田庭園に隣接した土地(両国公会堂があったところ)に1月19日オープンした刀剣博物館です。

 「現代刀職展 今に伝わるいにしえの技 新作名刀展・刀剣研磨外装技術発表会」が開催されています。

Img_3355

Img_3379

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "現代刀職展 @ 刀剣博物館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大雪」東京 混乱許容設計?

 羽田空港近くのホテルの朝です。東京は「大雪」ということで、交通機関の混乱が続いているようです。積雪は21㎝、気温氷点下0.2℃。

Img_3390

 北海道でこの程度では何事もない普通の生活です。東京ではこのような事態の発生確率が小さいから、対策を取らない、この混乱による損失を許容するということなんでしょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "「大雪」東京 混乱許容設計?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラタモリ 田園調布 多摩川 海軍技師真島健三郎

 土曜日、首都圏のホテルでブラタモリを見ました。タモリの自宅がある田園調布がテーマということで、いつもよりだるい雰囲気で始まりました。でも面白かったですね。

 田園調布といえばお金持ちが住む高級住宅街。欧州のパリを模して、渋沢栄吉のせがれが住宅地として開発して分譲したという話は、まぁそうですかという感じでした。

 もともとは高級住宅街として開発したのではなく、今の価格で3000万円程度、サラリーマン向けだったとこのと。高級住宅街になったのは関東大震災のあと、当時のエリート層であった軍人が移り住んだことがきっかけであったと紹介されました。海軍技術研究所(目黒)、陸軍駒沢練兵場が近かったことも要因としてあったとのこと。田園調布は、国分寺崖線と呼ばれる古い安定した地盤の外れに当たることが紹介されていました。このあたりからがぜん面白くなりました。

Denentyohuthumb730x4866345

武蔵野と水辺」より

 連想ゲームのように一人の人物が浮かび上がりました。海軍技師だった真島健三郎です(前の記事)。関東大震災後、たった一人で当時の建築学会の権威たちと重剛論争を繰り広げた人物です。東京の下町は関東ローム層のやわらかい地層です。山の手の地盤のしっかりしていたところは関東大震災でも被害が少なかったと聞いています。当然、地震の被害について論争していた真島健三郎もそのあたりも調査していたはずです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ブラタモリ 田園調布 多摩川 海軍技師真島健三郎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神・淡路大震災から23年と五重塔

 3日遅れですが、阪神・淡路大震災から23年ですね。あの頃、日本非破壊検査協会の本部が浅草橋にあって、私は浸透探傷試験(PT)の講習会で実習指導員をしていました。講習の帰り道、風邪による発熱でふらふらになりながら帰って、家でベットで寝ていた時に、関西での大地震の報が入ってきました。横倒しになった高速道路、倒壊したビル、長田地区の火災・・・TV画面に映し出される映像は衝撃的でした。

 あれから23年。このところ何かと神戸とご縁が出てきています。神戸の街を歩いていても震災の爪痕を見ることはできません。あえて言えば、神戸空港から三宮までのポートライナー車窓に見える近未来都市にも見える「新しさ」が「復興」を想起させるとはいえます。

Img_3277

 この写真は、長田地区の近くのJR鷹巣駅ホームから見える高層ビルです。青空にそびえたつビルを見ていると、現代アーキテクチャーの自信と誇りを見るような気がします。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "阪神・淡路大震災から23年と五重塔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛と離別

 昨日長年連れ添ってきた相棒と離別してきました。

 2011年還暦の年に初めてiPadを購入して、2台目でした。ソフトバンクの店舗に行って解約料10260円の支払い手続きをしておしまい。iPadの不具合についていくつか質問をしてみましたが、答えは予想通り「ここではわかりません」。はいそうですか、でおしまいです。

 iPadが出たとき、久々に心ときめいた商品でした。購入したときもいろいろ期待が膨らみました(記事1記事2)。購入直後に行った「大人の修学旅行」以来、外出時は常に携帯していました。残念ながら期待した展開にはなりませんでした。

 特にこのところiPadとの相性が良くありません。iOS11にアップデートしたころからパソコンのiTunesにつながりません。以前はケーブルを接続しただけでつながったのに・・・。持ち歩く書類のアップデートができなくなりました。

 いくつかのアプリが動かなくなりました。多用していた名刺アプリと有料で購入した『元素図鑑』が動かなくなったのは、痛かったです。以前Windowsのアップデートではよく起きていたことです。最近は少なくなっています。

Img_3346

 アップデートが準備されていないんですね。Apple側の見解としては、対応したアプリ準備し提供しないイベンダーの責任ということ。ふ~ん、さいですかangry

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "愛と離別"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本非破壊検査協会東北支部で浸透探傷実技講習会(PT2)

 来月(2018年2月13日~)日本非破壊検査協会東北支部で浸透探傷試験レベル2の2次試験対策講習会が開催されます。私が講師と実技指導をします。

 会場は、仙台市の隣町、多賀城市にある東北学院大学工学部キャンパス内です。

Pt4

Pt5

 これは後乳化性蛍光浸透探傷試験乾式現像法の試験体と解答用紙。ステンレス製のエルボに応力腐食割れ(SCC:Stress Corrosion Cracking)が入っています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "日本非破壊検査協会東北支部で浸透探傷実技講習会(PT2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血液検査 全項目 標準値 一病息災?

 月一回、診察を受けて血液検査をしています。今回(血液採取は先月ですが)、検査した全項目が「基準値内」でした。

 ここ数か月は平均血糖値(HA1C)だけが、少し高め6.7~6.9程度が続いていました。

 ブログで確認してみますと10年ぶりでした(2008年の記事)。

 体重も2008年の記事よりマイナス1㎏程度になっています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "血液検査 全項目 標準値 一病息災?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔の13日の金曜日から1年 伏義と女媧

 昨年の1月13日は金曜日でした。

 私と私の家族にとっては、魔の金曜日でした。

 命の危機を具体的事実として突き付けられた日でもありました。

 1日1日を大切に生きることを意識した1年でした。

 家族の運勢も良いほうに向かっているようだし、よかったよかった。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "魔の13日の金曜日から1年 伏義と女媧"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoft Surface Proを購入

 出張仕事に必携のノートパソコンがくたびれてきて重くなってきました。お出かけの時に必ず持って行っていたiPadがiOs11になってから、なんだろうなぁ、一言でいうとへぼくなった。

 新年の勢いでMicrosoft Surface Proを買いました。

Img_3343

 いいですね。顔認証、タッチペン。軽い。ノートパソコンでもあり、タブレットとしての使い方もできます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Microsoft Surface Proを購入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ開設12周年 黄金比・ブリッジコンテスト・ネ20

 ブログ『かたちのココロ』を始めたのが、2006年1月7日、12周年を迎えました。飽きっぽい私にしては長く続きましたね。

 2006年1月の記事のテーマは「自然の中の黄金比」「ブリッジコンテスト」「日本初のジェットエンジンネ20」についてでした。

 「自然の中の黄金比」については、当時テレビ番組がいくつも組まれ、書籍の多く出版されました。中学・高校・大学の授業での数学と美術を結びつけて「神秘の比」と教えられるというある種の社会現象になっていました。

Oumg

 ヒニクレ者の私はHPで疑問を書き、何度かブログ記事にもしました。最近は見なくなりましたね。5年前にはしつこかったWikiからもオウムガイを例にした「自然の中の神秘の比」説は消えました

 私は著名な数学者まで出てきて、学校の授業でまでこんなホラ話が「教えられる」ことに異議を唱えました。少しは役になったのかな?

 論争をするためのブログではないのですが、12年間の間にいくつかの件で異議を唱えてきました。議論の過程でいろいろなことが分かってきて、それぞれに興味深かったですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ブログ開設12周年 黄金比・ブリッジコンテスト・ネ20"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロッケン現象

 昨年最後のフライトは29日神戸空港~新千歳でした。神戸空港を離陸して間もなく、低層の雲を抜けたところで、搭乗機の影が雲上に浮かび上がり、周りが虹色に光って見えました。

Img_3334a

 ブロッケン現象です。場所は明石大橋の上空高度は2100~2400mあたりです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ブロッケン現象"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年元旦 飛翔する鶴のように

 明けましておめでとうございます。

Newyear

 今年の年賀状の図柄です。昨年10月9日に、搭乗した機上で外を見たら瀬戸内海がやや傾きかけた陽射しを受けて輝いていました。やがて飛翔する鶴のシルエットが浮かび上がってきました。あとでどこだろうと確認してみたら、岡山市にある児島湖でした。 

Newyear2

 写真には、緯度・経度・高度の情報が残っていますからGoogleMapで確認してみると備前市上空でした。児島湖はお世話になっている岡山航空があるところです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "2018年元旦 飛翔する鶴のように"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »