« 少年本田宗一郎が見上げた空 | トップページ | ANAがHONDA JETを使ってビジネスジェット事業に参入 »

和地山公園の寒椿とCVCC記念の椿

 本田宗一郎がアートスミスの曲技飛行を観た浜松市にある和地山公園は、公園名を記した看板がどこにあるのかもわからないさりげない公園でした。有料のサッカー場と野球場があって、その周りを散策できる公園でした。

 公園の南端に椿の並木がありました。

Img_3630

Img_3627

 この椿を見たとき、私の頭の中にある椿の絵が思い浮かびました。色合い雰囲気がよく似ている。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 1970年代にHONDAが世界に先駆けて作り上げたマスキー法をクリヤーする低公害エンジンCVCC、その完成を記念して本田宗一郎が担当した若手技術者へ贈った色紙に描かれている椿です。

Kantubaki1

 二輪の椿が描かれています。NHK『プロジェクトX - ホンダ 執念が生んだ一台の車』より

Kantubak4

Kantubaki3

 左の椿、和地山公園の椿によく似ていませんか?

Img_3642

 6歳の時に訪れた本田宗一郎は、その後も度々この公園を訪れたのではないか。静岡大学工学部へ来たついでだったかもしれません。そしてこの寒椿(オトメツバキ)が好きだった。

 CVCCが完成した嬉しさ、それは同時に引退を決意する瞬間でもあったが、自らを超えていく若者に贈る色紙の絵にこの寒椿を選んだ。

 「これはオトメツバキという寒椿だが、椿に見えんかも知らんな。隣に椿らしい椿も描いておくよ」と笑う宗一郎の声が聞こえたような気がします。

 爺の妄想?笑って許して( ̄▽ ̄)。それにしても本田宗一郎、絵がうまいなぁ・・・。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在5位です

|

« 少年本田宗一郎が見上げた空 | トップページ | ANAがHONDA JETを使ってビジネスジェット事業に参入 »

旅行・地域」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

先日はようこそ浜松へお越し下さいました。
浜松は住みにくい街ではないと思いますが、あまりこれと言って紹介出来るスポットもないと思いましたが、SUBALさんに浜松の良さを教えてもらいました。笑)
ちなみに椿の絵を描いてみようと試みましたが、難しすぎて本当に描けませんでした。
代わりに椿のようなモチーフを含めたおふざけの絵なら一枚描いてみました。何かの折にお見せするかもしれませんが、鼻(花)で笑っちゃいます。

投稿: ニコニコ | 2018年4月 9日 (月) 21時33分

ニコニコさん

浜松では大変お世話になりました。
おかげさまで大変楽しい旅になりました。
現地に行って初めて分かることってありますね。
椿をモチーフにした絵、どんなんだろう、楽しみにしています。

投稿: SUBAL | 2018年4月10日 (火) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/66591488

この記事へのトラックバック一覧です: 和地山公園の寒椿とCVCC記念の椿:

« 少年本田宗一郎が見上げた空 | トップページ | ANAがHONDA JETを使ってビジネスジェット事業に参入 »