« 言問団子と隅田川 歌とともに | トップページ | IPROS Tech Note連載『破壊工学の基礎知識 8』-金属疲労き裂とパリス則-公開 »

Amazonで購入したブラックライトで蛍光浸透探傷(FPI)

 Amazonで携帯型ブラックライトが1000円を切る価格で売っていましたので、物は試しに購入してみました。

Img_4021

 12のLEDがついています。

 早速蛍光浸透の指示模様を観察してみました。

Img_4042

Img_4027

 きず指示模様が浮かび上がりますね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 紫外線強度を測ってみました。

Img_4024

 Lowレンジで距離を10mmまで近づけても全く反応しません。紫外線と言っても390nmよりも波長の長いのを出しているのでしょう。

 こういうものも実際に実験を行ってみるとわかることがあります。

  1.  蛍光浸透探傷に使われている蛍光物質は、390nmより波長の長い光線でも蛍光作用を十分に起こすんだね。
  2.  紫外線強度計に可視光線をカットするフィルターがついているのは知っていた(そうしないと可視光線でも光電効果は生じる)けれど、わりにピシッとカットするんだね。

きず指示模様はよく見えるけれど、JISに限らず規格に基づいた探傷には使えませんね。探傷とは単にきずを見つけることではなく、「検査範囲にきずが存在しない」と証明する仕事でもあるからね。定められた性能が確認された道具を使わなければなりません。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在3位です

|

« 言問団子と隅田川 歌とともに | トップページ | IPROS Tech Note連載『破壊工学の基礎知識 8』-金属疲労き裂とパリス則-公開 »

科学技術」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/66790649

この記事へのトラックバック一覧です: Amazonで購入したブラックライトで蛍光浸透探傷(FPI):

« 言問団子と隅田川 歌とともに | トップページ | IPROS Tech Note連載『破壊工学の基礎知識 8』-金属疲労き裂とパリス則-公開 »