« ブラックアウトの夜に | トップページ | 日本刀研ぎ師 藤代興里氏工房を訪問 »

仙台発苫小牧行きフェリー

 今回の地震は、私の人生の何度目かのターニングポイントになりそうだという予感がしています。何かが終わり、何かが始まる。

 このところ起きてきたいろいろなこと、その風景から浮かぶ未来の情景が現在の延長ではなさそうという感じがしてくるのです。

 8月22日(水)、仙台からの帰還にフェリーに乗りました。朝の太平洋です。

Img_4505

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

Img_4506

Img_4511

 新たな未来が良いものか悪いものかはわかりません。そんなものは予想しても仕方がない。未来は拓くもの、それしかありません。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在1位です

|

« ブラックアウトの夜に | トップページ | 日本刀研ぎ師 藤代興里氏工房を訪問 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

吉田拓郎の「洛陽」という曲を思い出しました(-ω-)
”しぼったばかりの夕陽の赤が水平線から もれている 苫小牧発・仙台行きフェリー…” あ、今回の記事内容とは逆バージョンですね(笑) 

投稿: niwatadumi | 2018年9月20日 (木) 08時25分

niwatadumiさん

吉田拓郎の「落陽」の舞台は、このフェリーです。このコメントの「SUBAL」をクリックしてみてください。

投稿: SUBAL | 2018年9月23日 (日) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/67163739

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台発苫小牧行きフェリー:

« ブラックアウトの夜に | トップページ | 日本刀研ぎ師 藤代興里氏工房を訪問 »