« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

NAS410に基づく超音波探傷講習、11月5日開講

 次週11月5日(月)から、兵庫県工業技術センター内にある航空産業非破壊検査トレーニングセンターでNAS410(NATIONAL AEROSPACE STANDARD)に基づく超音波探傷講習会が開催されます。私が磁粉探傷に続いて講師を担当します。

 産報出版の「検査機器ニュース」の10月20日号に、「航空産業非破壊検査トレーニングセンター(兵庫県)を訪ねて」と題した記事が掲載されました。

Kennews1

 3面に渡る大きな記事です。『溶接技術』に掲載されたものと同じですが、やはり非破壊検査業界の人は「検査機器ニュース」の方を読んでいるようで、何人かの方から「読んだよ」との報をいただきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "NAS410に基づく超音波探傷講習、11月5日開講"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページ『かたち*あそび』終了

 私はnifty,楽天(infoseek)、Yahoo(ジオシティーズ)のサービスを使ってホームページを作っていました。連絡が来て最後に残っていたYahoo!ジオシティーズが来年の3月でクローズするとのことです。

 Yahoo!ジオシティーズで公開していたのは、「かたち*あそび」のページです。

Katatiaspbi

 HPなんてしょせん浮草、そう思えばそういうことでしょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ホームページ『かたち*あそび』終了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡魔

 18日(木)夜、神戸での仕事を終えて大阪伊丹空港から北海道へ帰りました。いつものように空港近くの駐車場で車に乗り換えて帰宅です。

 運転し始めるとともかく眠い。緊張感を呼び起こしながら運転したけれど、信号待ちの停車のたびに、意識が吹っ飛びかける。

 まずいと思ったので、ローソンによってホットミルクで一息入れました。なぜかコーヒーを飲む気がしなかった。

 何とか事故もなく家にたどり着いた後は、お風呂に入って温まって、そのままベットで思い切り寝ました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "睡魔"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして神戸

 先週に続いて今週も神戸空港へ飛んで、大阪で超音波探傷の仕事でした。とても興味深い内容なのだけれど、内容は話せません。

 大阪のホテルで、ある実験結果の報が届きました。ネクスコエンジ北海道とニチゾウテックと共同開発している「アンカーボルト劣化診断システム」は、一進一退を続けながら確実に前に進み進化を続けています。

 そして今日からは神戸です。「航空機産業非破壊検査トレーニングセンター」で磁粉探傷・浸透探傷に続いて超音波探傷のNAS410講習が始まります。そのための準備に行きます。

 今週は超音波漬けです。

Img_4847

Img_4848

 神戸の街に足を運ぶ機会が多くなりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "そして神戸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーザー加工

 先日苫小牧市テクノセンターへ行って、現在研究開発中の新装置のベースを作ってきました。機械加工担当の大原さんと相談をして、レーザー加工で作ることにしました。

Img_4763

動画を撮りました。

ただ加工するだけではつまんないので、レーザー加工についてお勉強。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "レーザー加工"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

能登空港で『REDFOX Airshows - 2018 』

 本日能登空港に隣接した日本航空学園能登空港キャンパスで開催される航空祭の中で、高木雄一君のエアショーが行われます。

 プロモーションビデオが公開されていました。

 普段は米国で活動している高木君ですが、クラウドファンディングが成功して愛機をフェリーしての日本でのエアショーです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "能登空港で『REDFOX Airshows - 2018 』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古瓦蜻蛉香炉

 9月17日に岡山県立博物館へ行って、「国宝 太刀 無銘一文字 山鳥毛」を見てきました。国宝の太刀は、写真撮影NGでしたが、一般展示の方はOKでした。

 その中で目を引いたのが瓦にとまった蜻蛉(トンボ)をあしらった香炉でした。

Img_4662

 リアルで粋ですね。明治時代の作のようですが、羽根や目の作りは見事としか言いようがありません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "古瓦蜻蛉香炉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »