« 『溶接技術10月号』で「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」紹介 | トップページ | 能登空港で『REDFOX Airshows - 2018 』 »

古瓦蜻蛉香炉

 9月17日に岡山県立博物館へ行って、「国宝 太刀 無銘一文字 山鳥毛」を見てきました。国宝の太刀は、写真撮影NGでしたが、一般展示の方はOKでした。

 その中で目を引いたのが瓦にとまった蜻蛉(トンボ)をあしらった香炉でした。

Img_4662

 リアルで粋ですね。明治時代の作のようですが、羽根や目の作りは見事としか言いようがありません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 小学生の頃は、昆虫採集によく行っていました。タテハチョウが好きで追いかけていましたが、トンボも好きでした。

 高速で飛行をするのにホバリングもできる・・・。こういう飛行機を人類はまだ作れていません。オモチャのレベルでも多分ないと思います。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在4位です

|

« 『溶接技術10月号』で「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」紹介 | トップページ | 能登空港で『REDFOX Airshows - 2018 』 »

科学技術」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/67234707

この記事へのトラックバック一覧です: 古瓦蜻蛉香炉:

« 『溶接技術10月号』で「航空産業非破壊検査トレーニングセンター」紹介 | トップページ | 能登空港で『REDFOX Airshows - 2018 』 »