« NAS410に基づく超音波探傷講習、11月5日開講 | トップページ | JR新札幌駅信号倒壊事故とアンカーボルト »

航空産業非破壊検査トレーニングセンターでの仕事を終えて

 11月9日(金)、神戸市鷹取にある航空産業非破壊検査トレーニングセンターでの仕事を終えてホテルに帰ったのが18時30分ごろ。荷物を降ろして、コンビニで買ってきたおにぎりとおでんでささやかな夕食を摂ったら、そのままベットに倒れこんで寝込んでしまいました。目が覚めたのが23時。

Img_4991

 牛乳を電子レンジでチンしてホットミルクにして飲んだら、体にやわらかい温かみが入ってきてなかなかにいい気分でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 36年前に少ない選択肢の中で食っていくために選択した非破壊検査という仕事。長男を8か月で亡くして、強引に人生を変えたい衝動で26年前に転職した航空専門学校。24年前に、航空機材料が金属からFRPに変化していくだろうとの見通の下で立ち上げた航空専門学校での超音波探傷教育。そして20年間の教員生活の中で出会った個性的な学生たち。

 5日からの5日間の仕事は、そんな私の半生の積み重ねの上にあるお仕事でした。物事の立ち上げというものは、いろいろなトラブルはつきものです。期間的な余裕もなかった。綺麗に流れる講習とはいきませんでした。それでも受講生の方にもいろいろと協力もいただき、なんとかゴールにたどり着きました。

Img_4990

 反省点もたくさんある講習でした。今やれる最善を尽くすことを心がけて取り組んできました。このような機会を作っていただいた方々、サポートしていただいた方々、応援をしていただいた方々に感謝申し上げます。

 いろいろなことをいう人はいますが、設立されたNANDTAB-JAPANの主旨に私は全面賛成です。これからも私に与えられる役割があるのであれば、しっかりと担っていきます。

 それにしても疲れた。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在5位です

|

« NAS410に基づく超音波探傷講習、11月5日開講 | トップページ | JR新札幌駅信号倒壊事故とアンカーボルト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/67364510

この記事へのトラックバック一覧です: 航空産業非破壊検査トレーニングセンターでの仕事を終えて:

« NAS410に基づく超音波探傷講習、11月5日開講 | トップページ | JR新札幌駅信号倒壊事故とアンカーボルト »