« ブラタモリー山一証券破綻-落語ー超音波探傷講義 | トップページ | ダメージが疑われる航空機の非破壊検査 »

師走 中部国際空港-新千歳を2往復 北海道はアイスバーン

 4日5日東京で超音波探傷レベル3の講義をやっていたら、中部国際空港から呼び出しがありました。ダメージが疑われる航空機があるので、超音波探傷試験を行ってほしいということで、5日の夕刻羽田から飛びました。

 7日の午前中で確認を終えたので、昼の飛行機で帰ることにしました。空港では新千歳へ向かう便について各社とも「新千歳空港雪のため安全に着陸できないと判断した場合には中部国際空港へ引き返すこともある条件付き運航です」と繰り返していました。

 この時期よくあるんだよな。でも経験上引き返したことは一度もない・・・とたかをくくっていました。

 ところが、秋田沖の日本海で周回トラックを繰り返して、北海道の噴火湾沖でもグルグル回って、

Img_5348

Img_5347

 機長から「引き返すことを決断しました」とのアナウンス。アチャー❣しょうがありません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 空港近くのホテルをもう1泊取り直して次の日出直しました。朝食会場には小顔でスタイルの良いCAさんがそれなりの数いました。みんな同じマネキンのような顔に見えて、やや不気味な感じがしたのは、老いのせい?

Img_5356

 今回は富士山が見える席をとりました。雲海の果てにそびえる富士、写真より実物は大きく見えます。

Img_5359

 2日がかりで帰宅することができました。道路はすっかりアイスバーンになっていました。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在1位です

|

« ブラタモリー山一証券破綻-落語ー超音波探傷講義 | トップページ | ダメージが疑われる航空機の非破壊検査 »

旅行・地域」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

日本ではないような感覚に陥りました。
時間と場所が交錯したような。
飛行機から見える景色からの、マネキンの様な複数のCAとの遭遇、降り立った地は氷の世界。
ブログを読んでいるだけで旅をしている気分になれます。

投稿: ニコニコ | 2018年12月 9日 (日) 22時46分

ニコニコさん

航空機上、ホテル、イオン、格納庫・・・に限られた生活を3日間していましたので、別世界にいた感じです。小顔でスタイル抜群の美人たちと食事をしていましたが、話をすることもありませんでした。格納庫の中の写真を出すわけにはいきませんが、これも非日常の美しい光景が広がっていました。
でもアイスバーンの光景は私にとって毎年の日常の光景です(笑)

投稿: SUBAL | 2018年12月10日 (月) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走 中部国際空港-新千歳を2往復 北海道はアイスバーン:

« ブラタモリー山一証券破綻-落語ー超音波探傷講義 | トップページ | ダメージが疑われる航空機の非破壊検査 »