«  新たな時代にギアチェンジ | トップページ | 何もしなかったお正月 でもひとつだけアプリを作った »

「下町ロケット」技術開発のファンタジー

 昨晩の下町ロケット、面白かったですね。かつての「プロジェクトX」に通じるものがありました。「ヘッドライト・テールライト」が流れていました。

美談になりすぎているきらいがありますが、美談が単純な勧善懲悪ではなくて、技術開発とは何かを問う物語であった点が良かった。今回は現地現場取材が行われたものと思われ、リアリティがありました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

宇宙と農業を結ぶ壮大なプロジェクトのカギを握る問題点が小さなギアのシャフトであった、という点は、そうだよそういうもんだと肯いていました。

いち早くそこに気づいて問題点を解決したグループと負けてしまったグループの悲喜こもごもの展開も、己の体験に照らしてこみ上げるものを抑えながら見ていました。リバースエンジニアリングの場面もリアルで良かった。

Si1

Si2

結局、現場現物にどれぐらいしつこく向き合うかなんだよなという点も共感。そして技術開発は何のためにあるのかの問いかけも…。

 久しぶりに、楽しませてもらいました。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在5位です

|

«  新たな時代にギアチェンジ | トップページ | 何もしなかったお正月 でもひとつだけアプリを作った »

映画・テレビ」カテゴリの記事

科学技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「下町ロケット」技術開発のファンタジー:

«  新たな時代にギアチェンジ | トップページ | 何もしなかったお正月 でもひとつだけアプリを作った »