« 平成3年に早世したわが子を悼む | トップページ | メランコリック »

函館旅行

 4月の20日~22日にかけて2泊3日の函館旅行をしてきました。最初のお宿は湯の川温泉啄木亭。

Img_5693_1

元阪大の廣瀬先生を囲む仲間たちの旅行です。阪大の研究室で学んだ人たちですが、私は阪大へ入っていません。大阪万博が開かれた千里丘陵までは行きましたけどね(笑)。

廣瀬先生は、私の超音波探傷の師匠(勝手に私が決めているだけですが)です。日本航空専門学校に勤務していた時代に知り合いになり、たくさんのことを教えていただきました。私が作った形状反射能率のソフトウエアは、廣瀬先生が中心となって確立された理論の普及を目指したものです。

この旅行は原則夫婦で参加することになっています。わたしもつれあい殿との久しぶりの旅行になりました。

Img_5690_1

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

Img_5697

立待岬。地球が丸いことを実感できる。

Img_5727_1

五稜郭タワーからの五稜郭。武家社会の終わりを告げる函館戦争について思いを馳せました。

Img_5708-2

函館山のふもと、函館港を見渡せる坂の上には・・・

Img_5707

ロシア正教の聖ハリストス教会があり、早くから海外との交流があった港町函館をしのぶことができます。

Img_5714

八幡坂のセンターラインの先には青函連絡船摩周丸が見えています。私が若いころ、北海道から上京するのは青函連絡船での1泊を含めて2泊3日かかっていました。大部屋での雑魚寝、懐かしいなぁ。

Img_5760

Img_5755

最終日の朝食は朝市での海鮮丼。雲丹はもちろん馬糞雲丹。美味かった‼

にほんブログ村 科学ブログへ
オオ!現在1位です。平成最後を1位で通過できるのか?

|

« 平成3年に早世したわが子を悼む | トップページ | メランコリック »

旅行・地域」カテゴリの記事

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平成3年に早世したわが子を悼む | トップページ | メランコリック »