« 超音波探傷訓練の現場で再会 | トップページ | 味の素スタジアムと東京オリンピックと調布飛行場 »

『国宝 東寺 空海と仏像曼陀羅』展

 5月は連休明け18日間の出張仕事で飛び回っています。退職後は働くことより楽しみの方を増やしていきたいと考えていますが、なかなか思うようにいきません。

 5月18日に東京で1日空き日ができましたので、東京上野の国立博物館で開催中の「東寺展」を見に行ってきました。土曜日だってせいもあるのでしょう。長い列ができていました。

Img_5864

Img_5868

 空海の書、曼陀羅図など見ごたえがありました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 中でも仏像彫刻の迫力はすごかったです。

 本来は偶像崇拝はしないはずの仏教に仏像が入ってくる過程でのギリシャ彫刻の影響、対立していたはずのヒンズー教の神々を取り入れていくいきさつ・・・いろいろな頃を考えながら、楽しみました。このような像を見ていると、人生の中の喜怒哀楽、迷い挫折の中で前を向こうとする意志と精神性などを考えさせられます。

Img_5866

 唯一撮影を許されたのが、この「国宝 帝釈天騎象像」でした。インドアショカ王の時代に作られた仏教彫刻の中に象が出てきます。当時の日本人は象の像をどのように見ていたのか、「あの世の生き物」だったのかな・・・。現実世界をしばし離れて想像の世界を楽しみました。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在2位です

|

« 超音波探傷訓練の現場で再会 | トップページ | 味の素スタジアムと東京オリンピックと調布飛行場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

退職後の楽しみですか。
何か良いネタと時間が確保出来ると良いですね。
こちらのブログネタ、やはり思い出すのはシルクロード遥かです。
まるでまだ意味を理解出来ていないところがありますが、何か凄く惹かれるものがあり本棚の一番見えるところにあります。

退職後、奥様と大人の社会科見学も良いかもしれませんね。
場所と時間のタイミングが合えば私と娘も合流させて下さい。((((*゜▽゜*))))


投稿: ニコニコ | 2019年6月 1日 (土) 17時10分

趣味って、やはり自分が楽しむをど真ん中に据えることでしょうね。何に役立つとか、人様の役に立つとか考えずに、楽しい…。
働くということは、基本他の人のために何かをするわけですから、楽しくないこともあるし、苦痛なこともある。場合によってはとんでもない苦痛を我慢することが仕事かと思える時もあります。
私は、わがままなので、フルタイムで働いているときにも「楽しみ」を取り入れようを努力していました。他の人から「いつも楽しそうに働いている」と言われることもしばしばありました。へーそんな風に見えるんだ、と思っていました。
今は仕事自体が楽しい、人間関係のストレス≒0。
歴史旅、大人の修学旅行、いいですね。

投稿: SUBAL | 2019年6月 3日 (月) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超音波探傷訓練の現場で再会 | トップページ | 味の素スタジアムと東京オリンピックと調布飛行場 »