« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

Disneyの『アラジン』をみてきました

 北海道にも夏がやってきました。気温も湿度の高く、やってられません。年に10日前後ある真夏日のためにクーラーを設置している家は少ないはずです。

 今日は午前中は月に一度の病院へ行って、午後はイオンへ避暑に出かけました。そのまま昼食をとってあとは映画鑑賞。Disneyの実写版『アラジン』を観てきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Disneyの『アラジン』をみてきました"

| | コメント (0)

プログラマーとしてのお仕事

 少し自宅でのまとまった時間が取れたので、ライフワークとなった超音波探傷に関するソフトウエア作りの仕事に取り組みました。20数年前航空専門学校の教員時代に作った『超音波探傷入門』と題したシミュレーションソフトウエアの改定作業です。超音波探傷を身につける過程では、理論を理解する必要はもちろんありますが、実際に装置を使って探傷してみながら体験で身につけることも大切です。しかし超音波探傷の装置や探触子・試験体などをそろえると最低でも200~300万円程度かかります。そこでパソコンの中でバーチャルに体験できるソフトウエアを作ったのです。このソフトウエアは、2000年に日本非破壊検査協会(JSNDI)から、発売されました

Ut1

 このソフトウエアつくりは、苦労もしましたが、プログラミングの楽しさも知りました。そして見知らぬ人に使ってもらえるクオリティーに仕上げる過程で、私のプログラミングスキルを向上させてもくれました。2013年に超音波探傷器にデジタル化に合わせて、ソフトウエアの改定をしました

Gtype3

そして今回2回目の改定作業に入っています。

 このソフトウエアに愛着も出てきて、自分が生涯に作り上げた作品のひとつとして胸を張っても良いだろうという気になってきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "プログラマーとしてのお仕事"

| | コメント (0)

アニメ映画『天気の子』を観てきました

 昨日つれあい殿とアニメ映画『天気の子』を観てきました。

Img_6125

新海誠監督の最新アニメ映画です。新海作品は『君の名は』を以前に観ています。それから『秒速5センチメートル』のDVDを購入しました。ともかく光と風景の描写がすごいとしか言いようがありません。今回も堪能させてもらいました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "アニメ映画『天気の子』を観てきました"

| | コメント (0)

週刊日本刀 刃文の特殊撮影は4号で打ち切り⁉

 定期購読を申し込まなくてよかったのかな?大々的に宣伝していた刃文の特殊撮影は、どうやら4号で打ち切りのようです。

Tokusyusatuei

 こちらのFace Bookで撮影者自らが表明しています。

Ikeda3

 あの『特殊撮影』は池田氏の特許とのことですから、ここまで書いている以上再登場は無いのでしょう。同じFaseBookのコメント欄に池田氏と同じ公益財団法人日本刀文化振興協会役員であり友人という泉 公士朗氏が 池田氏の言として「4号まででやめる」を紹介しています。

Izumi

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "週刊日本刀 刃文の特殊撮影は4号で打ち切り⁉"

| | コメント (0)

週刊日本刀 7号友成も化粧研ぎなのに特殊撮影無!

 週刊日本刀第7号を購入してきました。等身大の刀身写真は友成です。

Tomonari_

ただこの写真、「刃文もはっきりと浮かび上がらせる!」をうたいにした『特殊撮影』ではありません。特殊撮影は創刊号から4号までで、5~7号までは普通の写真です。4号で打ち切りですか?

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "週刊日本刀 7号友成も化粧研ぎなのに特殊撮影無!"

| | コメント (0)

週刊日本刀第1号の村正は化粧研ぎではなかった

 週刊日本刀の最大のウリである刃文の『特殊撮影』について疑問点をいくつかの記事にしてきました。そのひとつがほぼ解決しました。それは週刊日本刀創刊号に掲載された徳川美術館所蔵の村正の研ぎは化粧研ぎではないだろうという疑問です。

 私と一緒に共同研究している欧州在住の日本刀研究者の方がFace Bookに以下の書き込みをしました。

 「この週間日本刀の目玉は『特殊撮影された五つ折の原寸大刀身画像』ですが、初回の村正を『化粧研ぎ』とし、研ぎによって見え難かった刃文を特殊撮影で捉えた画期的な画像、と紹介されている事に大きな違和感を感じます。この村正は徳川博物館の所蔵品ということですが、この博物館は、所蔵刀の新規研魔はしない方針で、江戸時代の名人によって研がれた名刀が数多く現存する事でも有名です。この村正も古い時代に研がれた差込み研ぎではないでしょうか?」

 これに対して、週刊日本刀で『特殊撮影』を担当している池田長正氏が書き込みをしました。池田氏は、著名な研ぎ師であり、公益財団法人日本刀文化振興協会評議員でありNHK文化センター講師でもある方とのことです。この方のコメントです。

Ikeda

 同じFace Bookの別なコーナーにはこんな書き込みをしています。

Ikeda2

 ええっ!ほんとですかという感じです。私は心配になりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "週刊日本刀第1号の村正は化粧研ぎではなかった"

| | コメント (0)

超音波探傷の試験片を作る昭和製作所と透明なSTB A1

 先日東京都大田区大森にある材料試験片の制作加工に特化した大和鋼機株式会社を訪問したことを書きました。あとでMAPを見ていたら、すぐそば(200m)にところに昭和製作所があることに気が付きました。昭和製作所は材料試験片も作りますが、超音波探傷用の標準試験片や対比試験片を作るのが得意な会社です。

Showa

 超音波探傷をやっている人ならたいてい名前ぐらいは知っているはずです。私は、航空専門学校を定年退職した後の方が関係が深くなっています。

 航空専門学校勤務時代に一度会社を訪問しています。おそらく20年近く前だったと思います。その時のことで今でも鮮明に印象に残っていることが2つあります。そのひとつは、技術者の方のお名前です。記憶力が悪いのは天下一品の私にしては奇跡に近いことです。もう一つは応接間に飾ってあった透明なSTB-A1です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "超音波探傷の試験片を作る昭和製作所と透明なSTB A1"

| | コメント (0)

週刊日本刀への疑問 明らかな化粧研ぎの来国俊はなぜ『特殊撮影』をしないのか?

 週刊日本刀第6号を買ってきました。この号の等身大写真の刀は来国俊です。この刀は週刊日本刀のウリである『特殊撮影』をしていません。『特殊撮影』されているのは、1号から4号までで、そこには同じ側(銘のある側)の2枚写真のうち下側の写真近くに「特殊な撮影法で刃文を浮かび上がらせた刀身写真」という説明がついています。5号と6号では、2枚の写真が並んでいますが、銘のある側と無い側(裏表)の写真であり、「特殊な撮影法で…」との説明書きはありません。『特殊撮影』をしていないということでしょう。

 私が疑問に思うのは、6号の来国俊が明らかな化粧研ぎであるにもかかわらず、なぜ『特殊撮影』をしないのかということです。下の写真を見れば日本刀の刃文に関心がある方であれば、化粧研ぎであることは疑問の余地はないでしょう。

Scan003b

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "週刊日本刀への疑問 明らかな化粧研ぎの来国俊はなぜ『特殊撮影』をしないのか?"

| | コメント (0)

旧東海道沿いの坂本龍馬像

 旧東海道沿いにある安政3年創業のお蕎麦屋でランチをいただきながら歴史談義をしていました。坂本龍馬や勝海舟、西郷隆盛なんかもこの街道を通っていただろうし、もしかしたら吉田屋で蕎麦を食べたかもしれない、なんて勝手な想像を膨らませていました。近くに龍馬像があるということで、食後見に行きました。

Ryouma

 吉田屋から西に直線で150mのところに土佐藩の下屋敷があったんですね。そして南に200mほどのところに浜川砲台があり、浜川砲台から西へ100mほどのところに龍馬像がありました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "旧東海道沿いの坂本龍馬像"

| | コメント (0)

週刊日本刀への疑問 特殊撮影でなくても刃文が明瞭に目視できる日本刀が存在する

 週刊日本刀の大きなセールスポイントは「博物館などに行ってガラス越しに見たり、普通に写真を撮ったのでは見ることのできない刃文の姿を特殊撮影で明瞭に見えるようにして五つ折の等身大の写真にして提供する」ということでした。これはこれまでにない画期的な試みでしょう。

 ただ、

Nihontou_20190713051001

 こちらの記事で紹介したように、プロモーションビデオの中で、化粧研ぎとは考えにくい徳川美術館蔵の村正の写真を示して「化粧研ぎされたイメージ(通常の見え方)」と紹介してみたり、刃文のコントラストを上げた「特殊撮影」の方を示して「作刀された当時のイメージに近い」と紹介するのは何を指して何を根拠にしているのか大いなる疑問がわきます。まして、「特殊撮影写真を見ると作刀された当時にタイムトリップできる」に至ってはばかげているとしか言いようがなく、週刊日本刀の取り組みの品位を大きく落としているといわざるを得ません。

 実は、最近日本刀を展示している博物館へ行くと週刊日本刀が「特殊撮影」としている刃文の見え方と似たようなコントラストの刃文が普通に肉眼で見える刀を見る機会が増えています。その例を紹介します。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "週刊日本刀への疑問 特殊撮影でなくても刃文が明瞭に目視できる日本刀が存在する"

| | コメント (0)

旧東海道沿い安政3年創業の蕎麦屋

 6月10日のお昼は、安政3年創業で旧東海道沿いにある蕎麦屋吉田屋さんでいただきました。

Yosidaya

Img_6041-yosidaya2

北品川から鈴ヶ森まで、旧東海道が当時の道幅で残されています。私のお気に入りスポットです。私が顧問をしている会社で嬉しいことがあり、お昼はここでいただくことになりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "旧東海道沿い安政3年創業の蕎麦屋"

| | コメント (0)

特殊試験片製作・加工に特化した町工場

 昨日東京都大田区大森にある町工場を訪問してきました。大和鋼機株式会社です。細い路地を入っていって小学校の隣にあるこれぞ町工場という感じの会社です。

Matumotokouki

 主に鍛造品の引張試験片・シャルピー衝撃試験片などの材料試験片を作ることに特化した会社です。

Matumotokouki2

 工場の中に入ると大きなバンドソー、マザックのNC工作機械、汎用旋盤、フライス盤などの工作機械の周りに大小さまざまな材料と、色の異なるキリコが飛び散っていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "特殊試験片製作・加工に特化した町工場"

| | コメント (0)

週刊日本刀への疑問 特殊撮影とは何をやっているのか?

 週刊日本刀の最大のウリである等身大の刃文をコントラスト高く写した特殊撮影と銘打った写真、4号までの写真を見て何をやっているかおおよそ想像がつきました。前の記事で説明した匂(におい)を強調した撮影法です。匂は冶金学的にはセメンタイトとフェライトで構成されるパーライトであり、砥石による研磨によって刃や地金に比べて微細な凹凸ができることが私たちの研究の結果明らかになっています。この表面の微妙な滑らかさの違いが光の反射の違いを生み出し、刃文として人間の目に見えてきます。

 刃文を鑑賞するには独特の方法が取られます。その方法は週刊日本刀の創刊号でも解説されています。

Kansyou

  この鑑賞方法で沸と匂がどのように見えるかを解説しましょう。まず表面に滑らかなところと粗いところが混在していると、照明光と視線の方向の違いで明暗が反転します。

Pp

 視線が面に対して直交する場合、照明が斜めのであれば、表面が粗いほうが明るく見えます。逆に照明光も視線と同じ(同軸落射照明といいます)であれば、滑らかな方が明るく見えます。これは刀の刃文を写真撮影したり顕微鏡で観察したりするとわかることです。

 上の刀の鑑賞法は、表面の粗さによって異なる正反射と散乱反射の違いによる明暗の変化を正反射の入射角を変化させてみているのです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "週刊日本刀への疑問 特殊撮影とは何をやっているのか?"

| | コメント (0)

週刊日本刀への疑問 刃文の沸と匂

 週刊日本刀、5号の「石切丸」が出ました。どこまで買うかは様子見というところですが、5号は買いました。今回の原寸刀身写真は、これまでと違って同じ面ではなく裏表違う面の写真を掲載しています。普通に見える見え方と、特殊撮影で出来た当時の本来の刃文を比べて見せるのではなかったんですかね。今回の石切丸の刃文は直刃(すぐは)ですが、上下の写真の様子はほとんど同じなんですよね。(よく見ると5号の石切丸は特殊撮影をしたとは書いていないんですね。すべて特殊撮影の写真を載せるものだと思い込んでいました。)

 4号までの「特殊撮影」を見ると、刃文の匂と呼ばれるところを白く浮き立たせることに注力しているように見えます。撮影方法と画像の処理方法の見当がつきました。

 創刊号で刃文を構成する沸(にえ)と匂(におい)を説明しています。

Scan001hamon2

 この説明では沸と匂は「どちらも冶金学的には同じものだが、粒子の大きさが異なる」としています。粒の大きさの違いであるという説明は刀剣関係の本ではよく出てきます。「冶金学的には同じ」というのは初めて聞きました。金属組織としては同じということでしょう。ほんと?いったい何と呼ばれる金属組織なのでしょう?編集部に質問状を出す機会があれば訊いてみたいと思います。

 にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "週刊日本刀への疑問 刃文の沸と匂"

| | コメント (0)

週刊日本刀への疑問 刃文について

 週刊日本刀について大変斬新な編集であるけれど、根本的なところで何か変だと感じていると書きました。ひとつひとつ書いていきたいと思います。

 変だと思っているのは「刃文」についての取り上げ方です。この週刊誌は全百号予定されていますが、毎号等身大の刀の写真が5つ折りでついてくるとされています。その写真には「通常の見え方」と「刃文が浮かび上がる特殊撮影」の2つを掲載しています。試みとしては面白いと思います。

 私はこの「特殊撮影」を示しての「刃文」の説明に疑問を持っています。

 創刊号には刃文の説明にこのようなページが作られています。

Scan002

 このページの中には、次のような説明があります。

Scan001hamon4

 「博物館では展示されている刀剣のほとんどにこの化粧研ぎをほどこしている。」

 「ほとんど」というファジーな表現で、事実を問われた場合の逃げを打っています。この表現から皆さんは日本刀を展示している博物館へ行って100振りの日本刀を鑑賞したとき、化粧研ぎ以外の研ぎがいくつであったらこの「ほとんど」を納得するでしょうか?

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "週刊日本刀への疑問 刃文について"

| | コメント (0)

HONDA F1で13年ぶりに優勝

 HONDAがF1オーストリアGPで優勝したというニュースが流れてきました。HONDAオフィシャルサイトF12

13年ぶりだそうです。

 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

続きを読む "HONDA F1で13年ぶりに優勝"

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »