« プログラマーとしてのお仕事 | トップページ | 日本刀の研ぎの過程で硝酸を使うことは公然の秘密として広く行われている »

Disneyの『アラジン』をみてきました

 北海道にも夏がやってきました。気温も湿度の高く、やってられません。年に10日前後ある真夏日のためにクーラーを設置している家は少ないはずです。

 今日は午前中は月に一度の病院へ行って、午後はイオンへ避暑に出かけました。そのまま昼食をとってあとは映画鑑賞。Disneyの実写版『アラジン』を観てきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 楽しめましたね。

 中世アラブの都市、市場の雑踏、王宮の内部、宝物を隠してある洞窟、大海原を航行する船、どこまでがセットでどこからがCGなのか見破ろうなどということが全く無駄であるかのような世界が次々に展開していきます。全編キレキレの歌とダンスの世界。不思議なのが人間とともに演技をする猿や虎の動き…明らかに表情豊かに演じています。

 アラジンと魔法のランプの話は、子供のころ本で読んだかアニメで見たか、大筋のストーリーは知っていましたが、そんなものをすべて吹っ飛ばして、作り上げられたファンタジーの世界が本当にそこにあるかのような感覚に陥り、どっぷり浸ってきました。

 CGという名のだまし絵の世界でしょうが、それを承知でひと時騙されてみるのも心地よいです。

 暑さが続くようであれば、まあ映画避暑もいいかもしれません。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在1位です

|

« プログラマーとしてのお仕事 | トップページ | 日本刀の研ぎの過程で硝酸を使うことは公然の秘密として広く行われている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プログラマーとしてのお仕事 | トップページ | 日本刀の研ぎの過程で硝酸を使うことは公然の秘密として広く行われている »