« 超音波探傷の試験片を作る昭和製作所と透明なSTB A1 | トップページ | 週刊日本刀 7号友成も化粧研ぎなのに特殊撮影無! »

週刊日本刀第1号の村正は化粧研ぎではなかった

 週刊日本刀の最大のウリである刃文の『特殊撮影』について疑問点をいくつかの記事にしてきました。そのひとつがほぼ解決しました。それは週刊日本刀創刊号に掲載された徳川美術館所蔵の村正の研ぎは化粧研ぎではないだろうという疑問です。

 私と一緒に共同研究している欧州在住の日本刀研究者の方がFace Bookに以下の書き込みをしました。

 「この週間日本刀の目玉は『特殊撮影された五つ折の原寸大刀身画像』ですが、初回の村正を『化粧研ぎ』とし、研ぎによって見え難かった刃文を特殊撮影で捉えた画期的な画像、と紹介されている事に大きな違和感を感じます。この村正は徳川博物館の所蔵品ということですが、この博物館は、所蔵刀の新規研魔はしない方針で、江戸時代の名人によって研がれた名刀が数多く現存する事でも有名です。この村正も古い時代に研がれた差込み研ぎではないでしょうか?」

 これに対して、週刊日本刀で『特殊撮影』を担当している池田長正氏が書き込みをしました。池田氏は、著名な研ぎ師であり、公益財団法人日本刀文化振興協会評議員でありNHK文化センター講師でもある方とのことです。この方のコメントです。

Ikeda

 同じFace Bookの別なコーナーにはこんな書き込みをしています。

Ikeda2

 ええっ!ほんとですかという感じです。私は心配になりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 『特殊撮影』は池田さんの特許のようですし、ここまで言うということは、週刊日本刀には刃文をハイコントラストに見せる特殊撮影の写真は今後載らなくなるということになるんでしょうか?

 私は刃文は鍛造と焼き入れによって生まれ研ぎによって見えるようになる、ただし研ぎによって見える刃文は特別な鑑賞法でなければ見えにくいかすかなコントラストになる。そういう事実に踏まえて「差し込み研ぎ」を含めた研ぎを正面から取り上げて、刃文の形をくっきり見せる撮影法があるのであればそれを通常の見え方との対比しながら写真に残しして出版することには、大きな意味があると思うのです。

 それを差し込み研ぎなのに「化粧研ぎのイメージ」と紹介したり、ハイコントラストの刃文の写真を「本来の刃文」とか「作られた当時の刃文」とかという事実に反する取り上げ方をするからおかしいことになるのです。

 ちなみにTVCMのビデオに最初に出てくる刀が創刊号の村正ですね。

 

にほんブログ村 科学ブログへ
現在1位です

 

|

« 超音波探傷の試験片を作る昭和製作所と透明なSTB A1 | トップページ | 週刊日本刀 7号友成も化粧研ぎなのに特殊撮影無! »

科学技術」カテゴリの記事

日本刀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超音波探傷の試験片を作る昭和製作所と透明なSTB A1 | トップページ | 週刊日本刀 7号友成も化粧研ぎなのに特殊撮影無! »