« 日本刀の非破壊検査その1 X線CTによる断面撮影 | トップページ | 航空専門学校での超音波探傷講習 »

旧東海道沿いの鈴ヶ森処刑場跡

 台風15号の影響で首都圏の交通網は大変なことになっているようですね。5日には京急でトラックと衝突-脱線の死者が出る大きな事故がありました。京急はこのところよく使う電車です。北品川から鈴ヶ森は、旧東海道に沿って走っていて、この間の旧東海道は昔の道幅を守っていて、趣きのある街並みになっていて、お気に入りです。先日は大森にある安政3年(1856年)創業のお蕎麦屋さんで蕎麦御膳をいただきました

 鈴ヶ森といえば、時代劇などで出てくる鈴ヶ森処刑場を思い起こします。先日行ってみました。

Suzugamori1

大井競馬場の近くですね。

Img_6073

旧東海道の本当にすぐわきにありました。

Img_6072

八百屋尾お七を火炙りの刑に処した場所とのことです。石の穴に鉄柱を指して、お七を縛り付けて、周りに薪を置いて生きたまま焼き殺したらしいです。火炙りの刑は知っていましたが、人里離れた場所で処刑したのだろうと勝手に思い込んでいました。これはもう見せしめの公開処刑ですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

Img_6065

 百年という年月が、そう長いものとも感じられない歳になりました。今から百年後、「昔人類は国同士で戦争をして、何百万人という人を互いに殺しあっていた時代があったんだよ」そう子供たちに教えられる時代になっていてほしいものです。

 北品川から鈴ヶ森まで、散歩コースとしてはなかなか良いものです。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在1位です

|

« 日本刀の非破壊検査その1 X線CTによる断面撮影 | トップページ | 航空専門学校での超音波探傷講習 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本刀の非破壊検査その1 X線CTによる断面撮影 | トップページ | 航空専門学校での超音波探傷講習 »