« 航空機産業向け非破壊検査超音波探傷(UT)講習、2回目終了 | トップページ | 非破壊検査での合否判定基準は手順書を作成するレベル3が設定するものなのか? »

3年前のシカゴオヘア空港

Img_0201

 3年前の11月4日、米国シカゴにあるオヘア国際空港から帰国の途につくところでした。写真はパステルカラーがお洒落な地下通路です。出発したのは10月29日。その前日(28日)にオヘア国際空港で、離陸滑走中のアメリカン航空383便(ボーイング767-300)でGE社製ターボファンエンジン CF6-80C2B6のタービンディスクが破壊して、主翼を突き抜け火災となる事故がありました。脱出の際にけが人が出ましたが、死亡事故にはなりませんでした。

American_b763_n345an_chicago_161028_4

 この写真を見ても、死人が出ていないのが奇跡的といえる事故でしょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

 当時もいまも私の仕事にかかわってきますので、出張から帰っていくつか記事にしました。

 ターボファンエンジンの疲労破壊事故を防ぐための非破壊検査、その技術を支える技術者の養成…そんなシステムの中でお役に立てることがあるのであれば、コツコツ勉強しながら頑張りましょう。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在1位です

|

« 航空機産業向け非破壊検査超音波探傷(UT)講習、2回目終了 | トップページ | 非破壊検査での合否判定基準は手順書を作成するレベル3が設定するものなのか? »

超音波」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 航空機産業向け非破壊検査超音波探傷(UT)講習、2回目終了 | トップページ | 非破壊検査での合否判定基準は手順書を作成するレベル3が設定するものなのか? »