« 非破壊検査での合否判定基準は手順書を作成するレベル3が設定するものなのか? | トップページ | 朝ドラ『スカーレット』の喜美ちゃん »

NAS410に基づく非破壊検査技術者認定試験始まる

11月8日、私は朝品川駅から新幹線に乗って神戸に向かいました。

20191108_002658199_ios

20191108_002842366_ios

Img_6512

良いお天気で、頂上付近わずかに冠雪した富士山、美しかったですね。

Img_6518

京都では、東寺の五重塔のシルエットが青空にくっきり浮かんでいました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

Img_6520

目的地は神戸市須磨区にある兵庫県立工業技術センターです。

ここで、関西航空機産業プラットフォームNEXTセミナーが開催されました。

Img_6519

1. NAS410非破壊試験技術者資格試験の実施について
(一社)日本非破壊検査協会(資格試験機関予定) 認証事業部 畠山 賢 氏
2. NAS410非破壊試験技術者「適格性評価・資格認証」と「資格試験の例題紹介」について
NANDTB-Japan(日本航空宇宙非破壊試験委員会)委員長 濱田 雄介 氏
3. NAS410非破壊試験技術者資格取得訓練に利用可能な助成制度の紹介
近畿経済産業局 産業部 製造産業課 係長 和田本 啓 氏
4. 兵庫県立工業技術センターの紹介
兵庫県立工業技術センター 主任研究員  浜口和也氏

 航空宇宙産業向けの非破壊検査技術者育成に向けた取り組みが、来月資格認定試験を実施するところまで至って、日本航空宇宙非破壊試験委員会(NADTAB-JAPAN)を中心とした主催側が、ガイダンスを実施したというところでです。

 この間実施された講習会の受講者(受験者になります)や受験者を送り出す会社の方。このプロジェクトにかかわってきた方、またこのプロジェクトに関心を持っている企業の方などおよそ100名が集まりました。

 わたしも深くかかわってきましたので、参加させてもらいました。ここまで来たなという感じです。

 これからもいろいろあるでしょうが、このシステムが確立して定着することを念じています。微力ながら私も力を尽くします。

にほんブログ村 科学ブログへ
現在1位です

|

« 非破壊検査での合否判定基準は手順書を作成するレベル3が設定するものなのか? | トップページ | 朝ドラ『スカーレット』の喜美ちゃん »

旅行・地域」カテゴリの記事

非破壊検査」カテゴリの記事

航空宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 非破壊検査での合否判定基準は手順書を作成するレベル3が設定するものなのか? | トップページ | 朝ドラ『スカーレット』の喜美ちゃん »