「おもしろサイエンス 五重塔の科学」

Img_1611

Amazonのページ

7netのページ

日刊工業新聞社のページ

目次

第1章 世界最古の木造建築 五重塔

1. 日本にある五重塔

2. 五重塔のルーツ インドのストゥーパ

3. ガンダーラと仏教 高くなる仏塔

4. 日本にやってきた仏塔 最新技術を駆使した建物

5. 仏舎利塔としての五重塔と心柱

6. 五重塔の美しさ プロポーションの変遷

第2章 五重塔の構造

7. 塔を支えていない心柱

8. 宙に浮いた心柱

9. 通し柱の無い積み上げ構造

10.継手と仕口

11.軒先の支え

第3章 柔剛論争と五重塔

12.関東大震災後に起きた柔剛論争

13.地震の大きさと震度

14.耐震設計に使われる震度

15.地震の力に耐える建物のかたち

16.固有周期と共振

17.鉄筋コンクリートか鉄骨構造か

18.建物が壊れるプロセスと耐震構造

19.柔剛論争のその後

第4章 五重塔が地震で倒れない理由

20.地震に耐えた五重塔

21.長周期説

22.振り子説、ヤジロベイ説

23.スネークダンスと閂

24.模型による耐震性の実証実験

25.心柱の役割

26.メンテナンスと技の伝承

第5章 代表的な建築物に見る五重塔の要素

27.パルテノン神殿の柱

28.9.11テロで崩壊したニューヨークWTC

29.東京スカイツリー 現代の五重塔

30.心柱型質量付加機構

31.新丸ビル

Column

蜘蛛の衛兵

模型で学ぶ五重塔の構造

相輪と妄想

「だるま落とし」でミニ実験

心柱御開帳

参考文献

索引

誤植・訂正

113頁の表は、全く違う数値が入ってしまいました。下記の表が正しいものです。

P113

次のWordのファイルを開いてプリンタで印刷していただくと、本に挟むのにちょうどよいサイズになるはずです。お手数をおかけいたします o(_ _)o。

「p113.doc」をダウンロード

このほかに誤植とミスが見つかっています。出版社のサイトに一覧を掲載しています。

正誤表

このうちP136~P139につきましては、訂正版をPDFにしています。

P136~P139訂正版

ご迷惑ご面倒をおかけいたしました。深くお詫び申し上げます。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/222291/56983126

この記事へのトラックバック一覧です: 「おもしろサイエンス 五重塔の科学」: