航空宇宙

解説特集『新たなステージに入った航空宇宙産業における非破懐検査技術者認証』

 日本非破壊検査協会(JSNDI)の機関誌2020年1月号が発刊されました。

Ndi2020h

 表紙はノンディーちゃんのイラスト。シンプルですね。本号の解説特集は『新たなステージに入った航空宇宙産業における非破懐検査技術者認証』です。2017年6月に日本航空宇宙非破壊試験委員会(NANDTB-Japan)が発足をして、その下での非破壊検査技術者認証のための講習と試験が始まりました。本特集は、この活動の内容を広くお知らせすることを目的としています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "解説特集『新たなステージに入った航空宇宙産業における非破懐検査技術者認証』"

| | コメント (2)

今年の『かたちのココロ』その1、ドイツケルン訪問

 2019年ももう数日となりました。今年ものんびり過ごすという願いはかなわずに、あわただしく過ぎ去ろうとしています。今年は、特に数年前から始めている航空宇宙産業における非破壊検査員の育成の仕事と、仕事とは言えないのですが日本刀に関する研究が、大きな位置を占めたような気がします。

 2月には、ドイツへ行きました。ボーイング787に乗って、シベリアを横断してデュセルドルフ空港へ降りて、ケルンへ行きました。

Img_5460

Img_5472

初めての欧州訪問でした。航空機に関連した超音波探傷のお仕事でした。人脈も見分も広がったのですが、具体的な内容はここに書くわけにはいきません。

 宿泊したホテルのすぐ近くに、ケルンの大聖堂がありましたので行ってきました。何といえばよいのでしょう。本物を見れてよかったという感想です。

Img_5496

Img_5493

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "今年の『かたちのココロ』その1、ドイツケルン訪問"

| | コメント (0)

ボーイング737-Max生産中止へ‼

「米航空機大手ボーイングは16日、2度の墜落事故を起こして運航停止中の最新鋭機「737MAX」の生産を来年1月から停止すると発表した」とのニュースが流れています。

 今月12日のニュースでは、『ボーイング工場内の「警戒すべき混乱状態」によって品質や安全性が損なわれたことと関連がある』というボーイング社のコメントが報じられていたいたけれど、「工場現場の混乱」が原因なら生産停止になどならないでしょう。重大な設計ミスがあり、大幅な設計変更をしなければならない事態であった、とみるのが妥当と思います。それで2機墜落している。英国のコメット機の墜落事故を想起させられます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ボーイング737-Max生産中止へ‼"

| | コメント (0)

『トコトンやさしい 航空工学の本』増刷 8刷目

 『トコトンやさしい 航空工学の本』(日刊工業新聞社)が増刷になり、見本本が送られてきました。2010年3月に初版1刷が発行されてもうすぐ10年で、今回が8刷目になります。

Img_6687

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『トコトンやさしい 航空工学の本』増刷 8刷目"

| | コメント (0)

来月号のJSNDI機関誌特集は『新たなステージに入った航空宇宙産業における非破壊検査技術者認証』

 日本非破壊検査協会(JSNDI)の機関誌11月号が届きました。今月号の解説特集は『光超音波3Dイメージング技術の開発』です。Img_6655

 目次ページの右下に、来月号の解説特集の予告が載っています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "来月号のJSNDI機関誌特集は『新たなステージに入った航空宇宙産業における非破壊検査技術者認証』"

| | コメント (0)

NAS410に基づく非破壊検査技術者認定試験始まる

11月8日、私は朝品川駅から新幹線に乗って神戸に向かいました。

20191108_002658199_ios

20191108_002842366_ios

Img_6512

良いお天気で、頂上付近わずかに冠雪した富士山、美しかったですね。

Img_6518

京都では、東寺の五重塔のシルエットが青空にくっきり浮かんでいました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "NAS410に基づく非破壊検査技術者認定試験始まる"

| | コメント (0)

3年前のシカゴオヘア空港

Img_0201

 3年前の11月4日、米国シカゴにあるオヘア国際空港から帰国の途につくところでした。写真はパステルカラーがお洒落な地下通路です。出発したのは10月29日。その前日(28日)にオヘア国際空港で、離陸滑走中のアメリカン航空383便(ボーイング767-300)でGE社製ターボファンエンジン CF6-80C2B6のタービンディスクが破壊して、主翼を突き抜け火災となる事故がありました。脱出の際にけが人が出ましたが、死亡事故にはなりませんでした。

American_b763_n345an_chicago_161028_4

 この写真を見ても、死人が出ていないのが奇跡的といえる事故でしょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

続きを読む "3年前のシカゴオヘア空港"

| | コメント (0)

航空機産業向け非破壊検査超音波探傷(UT)講習、2回目終了

 日本航空宇宙非破壊試験委員会(NANDTAB-JAPAN)が主催する『航空機産業向け非破壊検査超音波探傷(UT)講習』の2回目が、兵庫県立工業技術センター内にある航空産業非破壊検査トレーニングセンターで開催されて、11月1日無事終了しました。私は、航空機の専門的な内容になる応用講習を担当しました。この講習は、NAS410に基づく資格者を効率よく生み出していくために国(経済産業省)が後ろ盾になっ開始されたプロジェクトの一環です。このあと資格認証試験の実施へと進んでいく段取りになっています。11月8日には資格試験の説明会(セミナー)が神戸で開催されます。私も出席する予定です。
 一昨年から、検討と打ち合わせを積み重ねて講習内容を構築してきましたが、まだまだ改善点はありそうです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "航空機産業向け非破壊検査超音波探傷(UT)講習、2回目終了"

| | コメント (0)

ANA伊丹空港での混乱

 昨日朝、伊丹空港は大混乱になったと報道されています。『大阪・伊丹空港で刃物持ち込みか 乗客ら手荷物再検査』(日本経済新聞)。

Https___imgixproxyn8sjp_dsxmzo5022355026

<日本経済新聞の記事より>

 アーミーナイフを持ち込み手荷物の中に入れていた乗客がいて、X線検査で発見されたものの検査員がその乗客に渡してしまったとのことです。アーミーナイフというと怖そうに聞こえるけれど、マルチツールナイフとか十徳ナイフと呼ばれているものですね(Wikipedia)。

 実は、数年前に私はミニチュアのマルチツールナイフがキーホルダーになったやつを面白いと思って手に入れて、ポケットに入れたまま航空機の検査場を通過しようとしたことがあります。発見されて、取り上げられました。

417i38kk1ol_ac_

こんなやつです。

放棄しか方法はないと聞いて、「こんなのでハイジャックできるんかい?」というだけ言ってみました。無駄でした(笑)。

このニュースを最初に知ったときには、”人間はミスをするものだ。それをゼロにすることはできない。ミスが分かったときに、何千人に影響が出ようと、何億の損害が出ようと安全を最優先に対処したとしたら、それを非難すべきではなくむしろ敬意を表すべきだ。”と考えていました。

でも、経緯を見ると・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ANA伊丹空港での混乱"

| | コメント (0)

航空専門学校での超音波探傷講習

 日本非破壊検査協会(JSNDI)が、学生の身分では資格を取得できないように制度を改悪しました。いろいろな意味でおバカな決定だと思います。もう少し知恵を働かせなさいよ、といいたいです。

 私が勤務していた日本航空専門学校では、超音波探傷をはじめとした非破壊検査の教育に力を入れてきました。三菱重工・川崎重工・IHIなど航空宇宙機器メーカーをはじめとした各企業に、非破壊検査のエンジニアを送り出してきました。残念ながらその教育が風前の灯火になっています。

 毎年JSNDI主催の講習会を開催してきました。今年は実施するというので、私も14日・15日参加してきました。

Img_6268_20190916102801

 会場の材料実習室です。机も吊り型の電源も実習場のパーテーションも、試験片を置く木枠もすべて、教員の手作りです。懐かしいし、愛着があります。日本航空宇宙非破壊試験委員会(NANDTAB-JAPAN)の初代委員長もここで勉強をしていきました。

 Img_6278

 講習の様子です。講師をしているのは、現在は某大手航空機エンジンメーカーに勤務している卒業生です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "航空専門学校での超音波探傷講習"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧