旅行・地域

神戸でクリぼっち

 今日午後からは北海道は大荒れの天気になるようですね。昨日のフライトで神戸へ来ています。今年最後の出張です。昨日は比較的気温も高く、フライトは綿雲の上を飛んでいる感じでした。

Img_3251

 新千歳空港では、航空会社の職員がサンタとトナカイ(遠目には熊に見えた)が見送ってくれました。

Img_3247

Img_3248

 昨夜はクリスマスイブ、今日はクリスマスなんだよな。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "神戸でクリぼっち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3泊4日 神戸-大阪の旅 航空宇宙・ジェットエンジン・破壊工学・非破壊検査・日本刀

 3泊4日の旅も今日が最終日です。今回は4件のミッションがあり、すべて初めての案件でした。楽しい出会いがたくさんありました。そしてそのすべてに兵庫県立工業技術センターが絡んでくるのです。何とも不思議な感じがします。

 昨日は大阪に移動しました。天王寺にホテルをとり約束の時間まで少しありましたので、真田幸村の戦没碑がある安居神社とその近くの茶臼山に行ってきました。

Snada4

Snada3

Snada5

 真田幸村といえば、私なんかの記憶の中では猿飛佐助とか霧隠才蔵とセットになっています。ちゃんと歴史を学ばなければ(笑)

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "3泊4日 神戸-大阪の旅 航空宇宙・ジェットエンジン・破壊工学・非破壊検査・日本刀"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸 長田の鉄人28号

 神戸でのミッションのうち2つが終わりました。フーッ!疲れた。

 帰りに新長田で途中下車して、

Ironman281

鉄人28号のモニュメントを見てきました。

Ironman284

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "神戸 長田の鉄人28号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして神戸へ

 明日神戸へ行きます。

 この数か月で新たな仕事のオファーが4つ来ています。まったく別のルート別の種類の仕事なのに、なぜかその全てが、神戸市に関係してきました。不思議な縁です。どの仕事も私にとっては興味深くやりがいもあり、そして感慨深いものがあります。

Img_1621

 神戸空港は、大阪や岡山へ行くときによく利用します。でも仕事で神戸に来たことはありません。

Img_1622

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "そして神戸へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本刀の美と科学

 12泊13日の出張旅行から昨日帰宅しました。仙台と東京も寒かったけれど、やはり北海道は一段と寒い(当たり前か((笑)))。

 今回はミッションとしては4件でした。仙台(多賀城)での浸透探傷試験(PT)レベル2の実技講習、東京亀戸での超音波探傷(UT)レベル2の実技講習、IPROSでの連載に関する打ち合わせ、それとこの12月末から始まる新しいプロジェクトの打ち合わせと機器の下見、でした。どれもおおむね順調に終わりました。

 24日午前中が時間が空いたので、上野公園へ行ってきました。

Ueno1

Ueno

 目的は国立博物館。運慶展をやっていて、チケット売り場は100m近い列ができていました。私は常設展の、それも日本刀だけを見ればよかったので、わりにすぐに入れました。入場料620円也。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "日本刀の美と科学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紀伊国屋書店新宿本店

 仙台(多賀城)から東京へ移動してお仕事をしています。今回は12泊13日の長期出張になります。

 昨晩は新宿に行きました。新宿はめったに来ません。久しぶりです。

Img_3024

 目的は紀伊国屋書店新宿本店。

Img_3032

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "紀伊国屋書店新宿本店"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

晩秋の多賀城(東北学院大学工学部)で浸透探傷実技講習

 仙台(多賀城)にて浸透探傷レベル2の実技講習をしています。

P1

 会場の東北学院大学工学部キャンパスは晩秋の佇まいです。

P2

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "晩秋の多賀城(東北学院大学工学部)で浸透探傷実技講習"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍安寺の蹲と大日本史

 龍安寺には『吾唯足知』(われ、ただ、たるを、しる)という禅の極意を記した蹲(つくばい)が方丈の裏側に当たる庭に置いてあります。

Img_2925

 口を中央に配して、『吾唯足知』のそれぞれ漢字が口を共有するデザインになっています。これを見て固体の共有結合を連想するのは、少し知識に偏りがあるのかもしれません(笑)。

 『吾唯足知』の蹲は黄門様で知られる徳川(水戸)光圀の寄進とのことです。ただ上の写真の蹲は、一般の観光客も見ることができるのですが、光圀公が寄進したものではなくそのレプリカです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "龍安寺の蹲と大日本史"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍安寺の龍

 神社仏閣には龍の絵や彫刻をよく見かけます。龍安寺はその名に龍がつきますからあって当然。ただし普通の観光順路では見ることができません。

 石庭の背後にある広い和室、方丈と呼ばれています。

Img_2935

 覗くことはできるのですが、立ち入り禁止の看板が出ていて竹棒が渡してあります。この方丈は襖で3つに仕切ることができます。通常は襖は開けてあるのですが、これを閉めると真ん中の部屋の左右に龍の襖絵が現れます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "龍安寺の龍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の支笏湖

 昨日つれあい殿を病院へ送迎した後、ちょっとドライブ・・・というわけで支笏湖へ行ってみました。

Img_2950

 ひっそりとした湖畔の佇まい、なかなか良いです。恵庭岳や樽前山の山頂付近は冠雪しています。

Img_2958

 近くの林の紅葉も、見ごろを少し過ぎたところか。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "晩秋の支笏湖"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧