日記・コラム・つぶやき

変わりゆくもの、変わらないもの その3

 年に1回訪れる日本航空専門学校の変わりゆくもの変わらないものを書いてきました。今日は締めです。 

Img_2803

 敷地境界に植えられた木々です。

 私がこの学校へ転職した年、学校は開校から5年目でした。突然愛校日というのが決められて、授業は無、敷地内に木を植えるというわけです。少々驚きましたが、全学生教職員がスコップ等をもってあらかじめ印のつけられた場所に穴を掘って黒土を入れ、小さな苗木を植えていきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "変わりゆくもの、変わらないもの その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わりゆくもの、変わらぬもの その2

 25年の歳月が流れても、さほど変わっていないもの。

Img_2796

 管理棟と国旗掲揚台。

Img_2797

 グラウンド横の法面。草刈りがやりにくいところで難儀したよな。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "変わりゆくもの、変わらぬもの その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わりゆくもの、変わらぬもの その1

 先日古巣である日本航空専門学校へ超音波探傷の講習に行ってきました。思い起こせば、42歳で決断してこの学校に職を得て転職して25年です。四半世紀になります。このとき入学した学生が18歳だとすれば今43歳、当時の私の年代になっています。

 卒業生の中には驚くような活躍をしている者もいるようで、いろいろな話が伝わってきています。アクロバット飛行の第一人者であったり、企業経営者であったり、航空機エンジン開発やロケット開発のスタッフであったり、分野は多岐にわたります。非破壊検査の分野でも、ほぼ日本のトップランナーだろうというものも複数います。そんな華々しくはなくても、それぞれの立場で重要な役割を果たしている卒業生もたくさんいます。

 でも他方で、運に恵まれず苦しんでいる者もいるんだろうなと想像します。

 25年の歳月に思いを馳せながら、変わりゆく日本航空専門学校と変わらないところを写真で紹介します。今回は変わったところ。

Img_2802

 体育館と管理棟との間に、現在建設中の施設。脱出訓練もできる航空機キャビンのモックアップと思われます。体育館の北側には新たに女子寮が建設中。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "変わりゆくもの、変わらぬもの その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『時代』 挫折を肥やしにする力

 倅が今日フェリーで帰ってきます。自分で決めた就職先でうまくいかなかったようです。精神的に病む少し前に自分の判断で撤退を決めました。上手くいかない就活、自分が社会に適応できるのかという不安、次第に少なくなってくる預金残高・・・・いろいろなことが重なり精神的なダメージは大きかったようです。彼の人生、ここまで順調だったからなぁ。

 琵琶湖湖畔のアパートを引き払って、これからフェリー乗り場に向かうと連絡してきた電話の声は、以前の元気な倅の声でした。 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『時代』 挫折を肥やしにする力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

比叡山延暦寺 『開運の鐘』

8月26日(土)、倅と一緒に比叡山へ行ったという話は先日のブログに書きました。

琵琶湖側からケーブルカーで登って山道を歩いていると、鐘の音がゴーン・・・ゴーン・・・と途切れることなく無く響いてきます。

若い修行僧が交代で突いているのだろう。暑いのに大変だなぁ…。

鐘楼についてみると、

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "比叡山延暦寺 『開運の鐘』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来が無限に広がっていたころ

 大草原か山の上かで広がりゆく青空を眺めていると、開放感がわいてきますよね。束縛から解き放たれた「自由」を体感することができます。ただその拡散の大きさに、背後に落ちていくような恐怖というか不安を感じることがあります。人生にはときに暗い牢獄に閉じ込められたような閉塞感に襲われることがことがあります。そんな時、わずかに見える青空が勇気を呼び覚ますきっかけになったりします。

 まだ顔の腫れが残っていた19日(土)、札幌に出て高校(釧路湖陵)のクラス会に出席してきました。

Img_2572

 JR札幌駅の通路。国旗かと思ったら端切れ布でした。

Img_2577

 アイヌの木彫像。なかなか良いものでした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "未来が無限に広がっていたころ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAL123便事故から32年

 8月は追悼の日が続きます。本日8月12日は、日本航空123便が御巣鷹山に墜落した日です。あれから32年。

 当時私は34歳。苫小牧東部石油備蓄基地の中で共備8番タンクの仕事をしていました。これを汗まみれ油まみれというのだという仕事でした。

 非破壊検査の資格磁粉探傷、浸透探傷、超音波探傷の2種(いまでいうレベル2)の資格をようやくとったばかりでした。仕事でくたくたに帰ってきてから、ニュースを隅々まで食い入るように見ていました。

 当時飛行機とは直接関係は無かったけれど、金属疲労と闘う技術者の端くれとして、強烈に胸に刺さってきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
 

続きを読む "JAL123便事故から32年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用丑の日@亀戸

 昨日上京しました。某金属加工メーカーの工場を訪問しました。

 とても貴重な出会いだったという気がします。長いお付き合いになればいいなぁ…。

 今日から亀戸でお仕事です。

 暑いなぁ、土用丑の日。25日になったらうなぎ屋さんはこむんだろうな・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "土用丑の日@亀戸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の芍薬

 昨晩遅く当地方に地震がありました。震度4。「書斎」で寝落ちていました。目は覚めたけれど、「おお!揺れているな」という程度でした。

 夜が明けて、師匠からお見舞いのお電話がありました。地震の話はそこそこに、お互いの近況とよもやま話。「努力されてきたことが花咲いてきましたね」とのお言葉をいただきました。

 遅咲きでひっそりとですすけれど、楽しくやっています。

 我が家の芍薬の花も、今が盛りかな?

Img_2176

 2輪咲きました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "今日の芍薬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れついた芍薬

 我が家の玄関の柱のわきに、今年も芍薬の花が咲きました。

Img_2158

 ひっそりと咲いているけれど、静かな存在感があります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "流れついた芍薬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧