日記・コラム・つぶやき

旧東海道沿いの鈴ヶ森処刑場跡

 台風15号の影響で首都圏の交通網は大変なことになっているようですね。5日には京急でトラックと衝突-脱線の死者が出る大きな事故がありました。京急はこのところよく使う電車です。北品川から鈴ヶ森は、旧東海道に沿って走っていて、この間の旧東海道は昔の道幅を守っていて、趣きのある街並みになっていて、お気に入りです。先日は大森にある安政3年(1856年)創業のお蕎麦屋さんで蕎麦御膳をいただきました

 鈴ヶ森といえば、時代劇などで出てくる鈴ヶ森処刑場を思い起こします。先日行ってみました。

Suzugamori1

大井競馬場の近くですね。

Img_6073

旧東海道の本当にすぐわきにありました。

Img_6072

八百屋尾お七を火炙りの刑に処した場所とのことです。石の穴に鉄柱を指して、お七を縛り付けて、周りに薪を置いて生きたまま焼き殺したらしいです。火炙りの刑は知っていましたが、人里離れた場所で処刑したのだろうと勝手に思い込んでいました。これはもう見せしめの公開処刑ですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

続きを読む "旧東海道沿いの鈴ヶ森処刑場跡"

| | コメント (0)

追悼 浦靖則さん

 30日の新聞を見ていて、おくややみ欄に1980年代に出光エンジニアリングの共備事務所所長であった浦靖則さんの訃報を知り、お通夜へ行ってきました。50人弱の人が集まっていました。その中には、1980年代に、苫小牧の石油備蓄基地や出光の製油所あたりで一緒に仕事をした懐かしい顔もありました。

 第2次オイルショックの時に失業をして、職を求めて苫小牧市にやってきてからの約10年間は、主に石油の製油所・油槽所・備蓄基地で働いていました。出光エンジは仕事を発注してくれるお得意さんのひとつでした。まぁいろいろな人がいて元請け下請けの関係で、人知れず舌を噛み握りこぶしを握ったこともありました。浦さんは違いましたね。一人の人間としてエンジニアとしていろいろなことを教えてもらいながら一緒に問題解決に奮闘した記憶がよみがえります。苫小牧市で出会った忘れられない人の一人です。

Youbi1

 特に、当時国策で出来たばかりの石油備蓄基地、5年に一度の法定点検のためのタンク開放工事の実務を当時40歳そこそこであった浦さんが担い、私が勤めていた会社も協力会社(下請け)のひとつとして参加していました。民間備蓄(共備)のT8を在来工法で実施しましたが、これが大失敗。そのリカバリーを文字通り死に物狂いで行いました。その真っ最中にTVでJALジャンボ機御巣鷹山墜落事故が報じられていました。そしてそのあとのCOW(Crude Oil Washing 共油洗浄)工法の採用。生涯の中でも忘れられない体験です。当時の同僚と同じように、浦さんも共にに奮闘した”仲間”という感じがします。

 直径82m、高さ10m、11万4千kLの原油を備蓄するタンクが、88基。GooglMapで見下ろすと点のようですが、ひとつひとつが巨大です。中でもT8・T3・T14は忘れられません。

Youbi2

 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "追悼 浦靖則さん"

| | コメント (0)

教え子との再会とBoeing747のエンジン

 昨日(8月15日)、24年前に18歳だった航空専門学校の教え子たちがお盆帰省組も含めて集まるので、来てほしいとのお誘いを受けて、千歳にある全日空ホテルで昼食をとりました。どの料理もおいしかったのと話に花が咲いて、料理の写真を撮り忘れてしまいました(笑)。

 皆42歳になったのだけれど、つい最近結婚した新婚のW君は仲睦じく奥さん連れ、I君はすでに高校三年の息子がいて進路について悩んでいたりと、人生それぞれです。

 私の24年前といえば、41歳で航空専門学校に転職をして4年目、超音波探傷教育の導入を企ててようやく教育が始まったころです。最もエネルギッシュな頃かな?私の目にはアラフォーのおっさんたちの顔が、20歳前後の少年のころにオーバーラップしてきます。

 食事を終えて、学校へ行ってみるかということになりました。私も定年退職をして7年になりますから、「どちら様でしょうか?」といわれる可能性も大です。向陽寮の寮監室へ行ってみたら幸いよく知っているH先生が当番でした。お願いして格納庫をあけてもらいました。 

Img_6151

当時800mあった滑走路は売却されて、今は太陽光パネルや別の会社の建物が建っています。

Img_6152

格納庫の中には、セスナ172を中心にして小型機が所狭しと格納されているのは当時と変わりありません。やはり当時はなかったものに目が行きます。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "教え子との再会とBoeing747のエンジン"

| | コメント (2)

A Doctor's Sword この日本刀はぜひとも日本に里帰りさせたい

1945年(昭和20年)8月9日午前11時02分、アメリカ軍が長崎市対して原子爆弾を投下しました。8月6日の広島に続く2発目でした。

1024pxnagasakibomb

 非戦闘員の無差別大量殺人であり、これを戦争犯罪といわないのなら何を言うんだというぐらいのものでしょう。

 今日の記事は、長崎の原爆に被爆した一人のアイルランドの軍医に贈られた一振りの日本刀(軍刀)の話です。

Np-docsw

 この原爆で被爆したのは日本人だけではなく外国人もいたことは常識的に想像できるとして、その中には連合国側の捕虜もいたようです。その捕虜の一人に、英国空軍の軍医であったDr.Aidan MacCarthyという人がいました。彼は連合国軍指令ダグラス・マッカーサーに名前が似ているということから、捕虜として収容中に日本側の看守から虐待を受けたようです。日本や日本人に恨みを持っていてもおかしくありません。長崎に原爆が落とされたのち、医者として日本人も含めて分け隔てなく懸命の手当てに当たったということです。8月15日の終戦後、捕虜が解放されたとき、捕虜が集団で日本人看守を襲うという事件が起きたときには、知恵を働かせて看守たちを助けたとの話もあります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "A Doctor's Sword この日本刀はぜひとも日本に里帰りさせたい"

| | コメント (0)

Disneyの『アラジン』をみてきました

 北海道にも夏がやってきました。気温も湿度の高く、やってられません。年に10日前後ある真夏日のためにクーラーを設置している家は少ないはずです。

 今日は午前中は月に一度の病院へ行って、午後はイオンへ避暑に出かけました。そのまま昼食をとってあとは映画鑑賞。Disneyの実写版『アラジン』を観てきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Disneyの『アラジン』をみてきました"

| | コメント (0)

アニメ映画『天気の子』を観てきました

 昨日つれあい殿とアニメ映画『天気の子』を観てきました。

Img_6125

新海誠監督の最新アニメ映画です。新海作品は『君の名は』を以前に観ています。それから『秒速5センチメートル』のDVDを購入しました。ともかく光と風景の描写がすごいとしか言いようがありません。今回も堪能させてもらいました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "アニメ映画『天気の子』を観てきました"

| | コメント (0)

旧東海道沿い安政3年創業の蕎麦屋

 6月10日のお昼は、安政3年創業で旧東海道沿いにある蕎麦屋吉田屋さんでいただきました。

Yosidaya

Img_6041-yosidaya2

北品川から鈴ヶ森まで、旧東海道が当時の道幅で残されています。私のお気に入りスポットです。私が顧問をしている会社で嬉しいことがあり、お昼はここでいただくことになりました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "旧東海道沿い安政3年創業の蕎麦屋"

| | コメント (0)

芍薬・紫陽花・薔薇

 我が家の庭に白い芍薬の花が咲きました。

Img_6016

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "芍薬・紫陽花・薔薇"

| | コメント (0)

我が家の庭にも春が来た

 しばらく家を空けて戻ったら、我が家の庭に色とりどりの花が咲き始めていました。

Img_5950

藤の花です。

Img_5951

ツツジの紅と菜の花の黄色のコントラストがきれいです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "我が家の庭にも春が来た"

| | コメント (0)

我が家の釧路八重桜 八分咲き

 北海道にもようやく春がやってきました。

 Img_5845

 我が家の庭の釧路八重桜は、八分咲きといったところでしょうか?

Img_5843

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "我が家の釧路八重桜 八分咲き"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧