映画・テレビ

映画『花戦さ』を観てきました 刹那のアート

 つれあい殿が観たいというので映画『花戦さ』を観てきました。

ちょっとけったいな人を演じる野村萬斎はいいですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "映画『花戦さ』を観てきました 刹那のアート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『下町ロケット』のミスキャスト

 昨年の後半は年末ぎりぎりまで文字通り飛び回るがふさわしい忙しさでした。年が明けてからは、本当に久しぶりにのんびりと自宅で過ごしています。

 仕事上のデータ整理や報告書、これまで時間がなくてできなかった探求のまとめや腰を落ち着けないとできない仕事に取り掛かっています。

 お正月、あまり見たいTV番組がありませんでしたが、再放送の『下町ロケット』を見ました。以前にも見ていましたが、やはり面白かったですね。

 技術開発をめぐるドラマで、丁寧な事前取材がうかがわせるシーン設定がいくつもありました。

 私も、研究開発案件に複数の企業でかかわっています。ややドラマチック、というところはあるにせよ、こんなこと「アルアル」という感じがしました。

 このドラマが良いのは、キャスティングです。主役の阿部寛(佃航平役)はともかくとして、帝国重工航空部部長戝前道生役の吉川晃司は渋かったですね。ほかにも銀行から来た経理部長殿村直弘役の立川談春、サヤマ製作所社長椎名直之役の小泉孝太郎、帝国重工主任富山敬治役の新井浩文など、それぞれのそれらしい雰囲気を醸し出しキャラが立っていました。

 対立しすれ違うキャラが上手く生み出せれば、ドラマは自然と生まれ脚本は出来ていく・・・昔読んだ劇作の本の中にあったような気がします。

 そんな『下町ロケット』に、ひとつだけミスキャストがあると私は感じました。

 それは・・・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『下町ロケット』のミスキャスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『秒速5センチメートル』のリアルと幻想

 『君の名は』が面白かったので、新海誠作品を観たくなってDVD『秒速5センチメートル』(5 CENTIMETERS PER SECOND)を購入しました。

Img_9913

 思春期の遠距離恋愛の話です。ただそれだけです。ただそれだけを映像詩として作品に仕上げている。私にはツボです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『秒速5センチメートル』のリアルと幻想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STAR WARS TRAIN

関西国際空港に行くために乗車したラピートは、STAR WARS 塗装でした。

Img_7873

Img_7874

Img_7875

 映画はまだ見ていません。ラピートに乗って、映画の宣伝に乗せられたかな?

 動画も撮りました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "STAR WARS TRAIN "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『起終点駅(ターミナル)』

 釧路市出身の直木賞作家桜木紫乃原作の映画『起終点駅(ターミナル)』を観てきました。

 私が4歳から大学卒業まで過ごした釧路市が舞台になっており、良く知った風景や街並みが出てきました。主人公鷲田完治は、私とほぼ同年代の設定で、時代設定も重なります。

 学生時代の恋人との再会と、過去を取り戻そうとした瞬間の突然の別れ、恋人役を演じた尾野真千子の凄み・・・ここまでがイントロでした。

 分かちがたいほどにかかわりがある人との突然の死別、そこで死ぬこともできず生きることになったあとの人生。私にも重なる体験があります。鷲田完治のようにかっこよくもなく、女性にモテたわけでもありませんけどね(笑)。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "映画『起終点駅(ターミナル)』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)