ジェットエンジン

タービンとコンプレッサ

 Shade v.16を手に入れて遊びたいのはやまやまなれど、まだ没頭する時間が取れない状況です( ^ω^ )。

 新しいバージョンに慣れるために、表面材質やカメラの配置を変えてレンダリングをしてみています。

Ne20b_imaget2

 タービンです。ノズルとタービンブレードの関係がわかりやすい。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "タービンとコンプレッサ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3DCG再開 日本初のジェットエンジン『ネ20』をレンダリングしてみた

 パソコンを衝動買いしたのは、3Dのポリゴンデータを扱うためでした。もう一つの目的は、趣味の3DCGを再開することでした。『Shade』を購入しました。ユーザー登録をしようとしたら、以前のアカウントが残っていました。少々仕事が立て込んでいますので、新たに何かを作るのは後回しにして、今から13年前(2003年)に作った『日本初のジェットエンジン ネ20』のカットモデルをレンダリングしてみました。 

Ne20b_imaged

 ブレードは1枚1枚翼型に仕上げてありますし、ボルトナットや歯車の歯まで作ってあります。以前のパソコンではレンダリングに6時間以上かかっていました。それが1分以内にできてしまいます。

Ne20b_imagecc

 夕暮れの空に浮かべてみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "3DCG再開 日本初のジェットエンジン『ネ20』をレンダリングしてみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェットエンジンのモデルを作る

 朝日新聞デジタルに、『段ボールで実物大航空機エンジン ミリ単位で中学生作成』という記事が掲載されていました。迫力ありますね。何より女子中学生3名の満面の笑顔、とても良いです。苦労したはずですが、その苦労がこの笑顔につながり、この後の生きる力になるであろうことを確信します。

 このモデルと笑顔を見ていると、航空専門学校時代の学生たちのたくさんの笑顔が脳裏に浮かんできます。

 今から15年前ですかね、『航空技術工学科』という3年制の学科の責任者になった時、担当スタッフと協議して学科の軸を決めました。『ものづくり』『ジェットエンジン』『非破壊検査』という3本の軸です。いろいろ試行錯誤をしました。その一つである卒業制作では、ジェットエンジンのモデルつくりをテーマにする学生が例年出てきて、後輩たちに受け継がれてきました、

 それぞれに苦労をしていたけれど、出来上がった時の自信に満ちた笑顔はみな共通でした。 

Cimg2815

 これはV2500の紙製のモデルです。高圧軸と低圧軸の2つの軸が独立して回ります。回らない静翼との微妙なクリアランス調整に苦労をしていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ジェットエンジンのモデルを作る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

航空機エンジンのタービンディスク破壊事故(軍用機)

 ジェットエンジンのタービンディスクが破壊する事故は、レアケースである。たとえ犠牲者が出なかったとしても重大な事故である。ということで、半世紀前に起きたボーイング707型機に搭載されたPratt & Whitney社製JT3Dの事例を紹介しました(こちら)。今回は、軍用機です。

 1980年9月、F/A-18 Hornet戦闘機が英国Farnboroughで開催されたAir Showsに出品されて終了後移動中に墜落する事故が起きました。

F18honet2

(写真はWikipediaより引用)

事故原因は、低圧タービンディスクの破壊でした。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "航空機エンジンのタービンディスク破壊事故(軍用機)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

航空機エンジンのタービンディスク破壊事故(民間航空機)

 民間航空機でジェットエンジンのタービンディスクが破壊した事故は過去あったのか、調べてみました。

 ありました。1965年6月28日サンフランシスコ空港を飛び立ったパンアメリカン航空のボーイング707型機に搭載されていたPratt & Whitney社製のJT3Dエンジン、その低圧コンプレッサのディスクが破壊する事故です。

 この時は、エンジンから飛び出したディスクが主翼の先端を吹き飛ばし、燃料に火がつく事態になりましたが、緊急着陸をして乗員乗客は全員無事だったとのことです。こちらに事故報告書があります。

 乗客がムービーを撮っていたようです。

Panam

 主翼がもげています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "航空機エンジンのタービンディスク破壊事故(民間航空機)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田空港周辺の空から飛行機が消えた日

 昨日は月曜日から始まった東京でのお仕事の最終日でした。13時ちょっと前に、羽田空港に勤務する教え子の一人から、「羽田空港で大韓航空機のエンジンから火が出て、たくさんの消防車が出て消火作業をしている。」との第一報が入りました。

 休憩室のテレビを見ると、羽田空港からの中継をやっていました。羽田空港の飛行機の離発着は全て行われていないとのこと。Flight Radar 24で確認してみました。

20160527hanedaa

 見事に羽田空港周辺から飛行機が消えています。こんな光景はめったに見られません。多分1982年2月9日JAL350便が機長の精神錯乱で着陸前に逆噴射して墜落した事故以来ではないですかね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "羽田空港周辺の空から飛行機が消えた日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいらはエンジニア

 専門学校の教員時代に、たまにスーツ姿をしていると、なぜか大うけでした。「背広やネクタイも持っているんですね。」

 いつも作業着でしたからね。

 定年後の仕事でも、背広を着ての仕事は、ごくまれです。

 でもあるんですよね。 

Img_8626

 お洒落とはほとんど無縁の私、でもね…・

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "おいらはエンジニア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダ ジェット 初納入(First Honda Jet Delivery)

 12月23日、Honda Jetが米国で初めて顧客に納入されてその記念式典が行われたことが報じられています(Honda Jetの公式HP)。

01

(写真はCar Watchのサイトより)

 あれっ!Honda側にいる米国人と思われる人は、白い作業着で出席しているsign03 Hondaの創業者本田宗一郎は皇居で開かれた園遊会に招かれた時「我々の制服は作業着だ」と言ってこの白い作業着で出席しようとして、部下から羽交い絞めをされて止められたという逸話がある会社ですからねhappy01

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ホンダ ジェット 初納入(First Honda Jet Delivery)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェットエンジンの下部で発生したトルネード

 それは11月としては62年ぶり大雪となった26日の翌日11月27日午後のことでした。私は、新千歳空港を仙台に向けて飛び立とうとしていました。空港の路面には、まだ雪解け水が残っており、水面が鏡面となって青空を映していました。

Img_7582

 ドアが閉じられてタキシングを始めたころ、ふと窓の外を見るとエンジンの下で水がうずを巻いているのが見えました。写真ではよく写らなかったので、動画を撮りました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ジェットエンジンの下部で発生したトルネード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダジェットついにFAAの型式証明取得!!

ホンダジェットが米国連邦航空局(FAA)から型式証明(Type certificate)を取得したと報じられています。(HONDA JET 公式サイトのアナウンス)

これでようやく試作機ではなく商品として売却して、米国の空を飛ぶことのできる飛行機となったといえます。

1986年、和光市にある本田技術研究所で極秘裏に研究開発を開始して実に29年、HONDAがゼロから航空機とそれに搭載するジェットエンジンを同時に開発するという前代未聞の開発プロジェクトが、ゴールを迎えたのです。

ジェットエンジンHF120は2年前の2013年12月に型式証明を取得していました。HONDAが既存のエンジンを搭載することを選んでいれば、HONDA JETの型式証明も早かったはずです。あえて困難な道をえらんで、この日を迎えました。

心からお祝いしたいと思います。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ホンダジェットついにFAAの型式証明取得!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧