プログラミング

プログラマーとしてのお仕事

 少し自宅でのまとまった時間が取れたので、ライフワークとなった超音波探傷に関するソフトウエア作りの仕事に取り組みました。20数年前航空専門学校の教員時代に作った『超音波探傷入門』と題したシミュレーションソフトウエアの改定作業です。超音波探傷を身につける過程では、理論を理解する必要はもちろんありますが、実際に装置を使って探傷してみながら体験で身につけることも大切です。しかし超音波探傷の装置や探触子・試験体などをそろえると最低でも200~300万円程度かかります。そこでパソコンの中でバーチャルに体験できるソフトウエアを作ったのです。このソフトウエアは、2000年に日本非破壊検査協会(JSNDI)から、発売されました

Ut1

 このソフトウエアつくりは、苦労もしましたが、プログラミングの楽しさも知りました。そして見知らぬ人に使ってもらえるクオリティーに仕上げる過程で、私のプログラミングスキルを向上させてもくれました。2013年に超音波探傷器にデジタル化に合わせて、ソフトウエアの改定をしました

Gtype3

そして今回2回目の改定作業に入っています。

 このソフトウエアに愛着も出てきて、自分が生涯に作り上げた作品のひとつとして胸を張っても良いだろうという気になってきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "プログラマーとしてのお仕事"

| | コメント (0)

超音波ビームソフト 論文に引用

 株式会社横河ブリッジの技報(TECHNICAL REPORT)が送られてきました。

Img_5961

 17件の技術開発・新技術に関するレポートが掲載されています。実はそのひとつに、私が作った超音波ビームソフトウエアの出力結果が掲載されているのです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "超音波ビームソフト 論文に引用"

| | コメント (0)

JSNDI 仕様デジタル超音波探傷器 R タイプ改修

 本日は私の68歳の誕生日です。今年成し遂げる仕事のひとつを追加しました。

 プログラマーとしてのお仕事です。日本非破壊検査協会(JSNDI)は、JSNDI 仕様デジタル超音波探傷器のRタイプを一部改変することを公表しました。それに伴って、『超音波探傷入門(パソコンによる実技演習)DL版「デジタル超音波探傷器」編』についてくるソフトウエアの改変をします。

 このソフトウエア(YOUTUBE)は、私にとってはライフワークのひとつになっています。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "JSNDI 仕様デジタル超音波探傷器 R タイプ改修"

| | コメント (2)

役に立たないソフトウエア

 昨日『役に立たないものを作るコンテスト』の記事を書いていて、私が作った役に立たないソフトウエアについて「それでいいんだ」と思うようになりました。こう見えても他人様にお役に立てるソフトウエアを作って品として販売されているものもあるんですよ。それに匹敵するぐらいの自信作なのに、ブログ上でもほとんど反響がない作品があります。

 それは対数螺旋を調べるソフトウエア『Spiral』です。

 相似三角形を積み重ねるように描いていくことで、その曲線が対数螺旋であるのか否か、対数螺旋であるのならば螺旋の性質(極方程式の定数)を求めることができるものです。

Spiral6a

Spiral5a

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

 

続きを読む "役に立たないソフトウエア"

| | コメント (0)

何もしなかったお正月 でもひとつだけアプリを作った

 今年の正月は、何にもせずにぐうたらしていました。体を温めてひたすら休養しました。おかげで元気回復、今日から関西方面へ出張です。 

Win_20181217_16_32_32_pro

 この写真は、昨年末撮影。東京湾・飛行機・富士山・夕焼けです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "何もしなかったお正月 でもひとつだけアプリを作った"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれから20年 超音波探傷シミュレーションソフトウエアの開発

 昨日と今日、東京都江東区青梅で『第25回超音波による非破壊評価シンポジウム』が開催されていました。今回私は参加していません。

 ちょうど20年前、第5回の超音波シンポジウムで、私は『超音波探傷入門者訓練用シミュレーションソフトの開発』というタイトルで発表しました。東京での学会的な場所での発表は初めてでしたので、緊張しました。

98utsymp1_2

 ちゃんとスーツとネクタイ姿で登壇していますね。当時の発表スタイルはOHP(Overhead Projector)が主流でした。私のは動きを見せたかったので、1日のレンタル料4万円を自腹で出して発表に臨みました。写真中央の黒い箱がそれです。ある意味勝負をかけたところがあります。この顛末は10年前にブログ記事にしています。

 その時のレポートは、J-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)に収録されています。ダウンロードは有料のようです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "あれから20年 超音波探傷シミュレーションソフトウエアの開発"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ開設12周年 黄金比・ブリッジコンテスト・ネ20

 ブログ『かたちのココロ』を始めたのが、2006年1月7日、12周年を迎えました。飽きっぽい私にしては長く続きましたね。

 2006年1月の記事のテーマは「自然の中の黄金比」「ブリッジコンテスト」「日本初のジェットエンジンネ20」についてでした。

 「自然の中の黄金比」については、当時テレビ番組がいくつも組まれ、書籍の多く出版されました。中学・高校・大学の授業での数学と美術を結びつけて「神秘の比」と教えられるというある種の社会現象になっていました。

Oumg

 ヒニクレ者の私はHPで疑問を書き、何度かブログ記事にもしました。最近は見なくなりましたね。5年前にはしつこかったWikiからもオウムガイを例にした「自然の中の神秘の比」説は消えました

 私は著名な数学者まで出てきて、学校の授業でまでこんなホラ話が「教えられる」ことに異議を唱えました。少しは役になったのかな?

 論争をするためのブログではないのですが、12年間の間にいくつかの件で異議を唱えてきました。議論の過程でいろいろなことが分かってきて、それぞれに興味深かったですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ブログ開設12周年 黄金比・ブリッジコンテスト・ネ20"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

開発の仕事は困難があるからこそ

 5日(木)に某社の開発プロジェクトの責任者の方が苫小牧市に来られて、小一時間打ち合わせをしました。

 このプロジェクトは今年春先に新たな開発目標を掲げました。いくつかのトライアルを重ねてきましたが、ここまでのところ出口が見つかっていません。

 暗礁・デットロックという言葉が頭をよぎります。

 まぁ、容易にできないお題であるから価値があるともいえるわけで・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "開発の仕事は困難があるからこそ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『超音波探傷入門 デジタル探傷器編』増刷へ

 日本非破壊検査協会(JSNDI)から連絡が来て、『超音波探傷入門 デジタル探傷器編』が増刷になるということです。2013年9月に発刊され、2014年6月、2016年1月と増刷を重ねて今回で4刷目です。

Img_2839

 JSNDI仕様のデジタル超音波探傷器が試験と講習会に導入されるようになった当初から、「デジタル探傷器なのだから少なくとも基本的な操作について疑似体験できるパソコンソフトを作ることは可能なはずで、これを作って配布すべき」と主張し続けてきました。言ってみるもんですよね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『超音波探傷入門 デジタル探傷器編』増刷へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リサージュ図形(Lissajous Figure)

 土日はオフと決めて、趣味のプログラミング。

Lissajous

 こんな図を作って遊んでいました。これがなんなのか、わかる人にはわかるでしょう(笑)。

 背景の目盛を10行以内で描いたり、8の字を描いて、位相角を変化させたりするアルゴリズムを考えるのが無性に楽しいです。プログラミングは、私の科学技術ノートの一部です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "リサージュ図形(Lissajous Figure)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧