非破壊検査

2月中旬

 14日、私にも届きました。

Img_1073

Img_1072

 我が家は臨済宗某寺の檀家である、などということは言いますまい。義理か本命かなんてことを、考えるような無駄なことはしますまい。気にかけてくれている人がいることの有難さと、ハスカップの入ったチョコ菓子のおいしさを無心に味わいました。

 15日には、病院へ。

Img_1074

 病院は人生の縮図。わが人生のこれまでとこれからに静かに思いめぐらす時間になります。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "2月中旬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第24回超音波による非破壊シンポジウム

 東京出張3日目の朝です。暖かいなぁ…

 昨日は仕事が1日空いたので、江東区青梅の東京都立産業技術センターで開催されていた『第24回 超音波による非破壊シンポジウム』に参加してきました。

Img_0908

 某TV局の近くです。

 時代に置いていかれないように田舎の老エンジニアもお勉強です((・(ェ)・;))。

24thutsympo

 2日間開かれていますが、正直言ってプログラムから「あっ、これ聴きたい」と思うものはありませんでした。特に1日目は・・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "第24回超音波による非破壊シンポジウム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超音波探傷レベル3の講義

 今年初の出張仕事は、東京亀戸で超音波探傷レベル3講習の講義でした。

 寒い北海道から亀戸について、まずは亀戸餃子を食べて、気合を入れました。

Img_0890

Img_0891

 小路にある店の佇まいといい、餃子も焼き餃子だけ、次から次へ焼いて出していく威勢のよさ、回転の速さ、このB級グルメ感は私にとっては気持ちが良いものです。餃子は勢いが味のうちです(笑)。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "超音波探傷レベル3の講義"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北(仙台)で浸透探傷実技試験対策講習

 1月31日~3日、仙台(の近くの多賀城市東北学院大学工学部キャンパス)で、日本非破壊検査協会東北支部が浸透探傷の実技試験対策講習会を開催します。1組1日半の日程で2組行います。私が指導員として指導します。

 資格認証のJIS Z 2305が改訂されて、再認証試験が実技になりました。浸透探傷試験は、フィールドではほとんどが赤色の浸透液を使う通称カラーチェック、溶剤除去性浸透探傷試験速乾式現像法です。蛍光浸透探傷試験は、実際に適用されているのはまれで、私が知っているのは航空機エンジンの製造とメンテナンスの現場ぐらいです。でも実技試験では蛍光浸透探傷試験の技量も課題になっています。

 さらに、きずとして応力腐食割れ(SCC)が入った試験体の後乳化性浸透探傷試験乾式現像法が追加になりました。

Img_0570

 適切な情報を持っているところで講習を受けない限り、合格するのは極めて難しいでしょう。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "東北(仙台)で浸透探傷実技試験対策講習"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『政府、中小企業の航空機参入を支援 非破壊検査技師の育成や試験設備を整備へ』

 タイトルは日刊工業新聞社1月2日付の記事のものです。(電子版はこちら

Ni

 水面下で準備されてきたことがようやくプレスリリースされたということです。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『政府、中小企業の航空機参入を支援 非破壊検査技師の育成や試験設備を整備へ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年のかたちのココロ その1 『航空機とモグラ』

 2016年も早いものであと2日となりました。今年は全国を飛び回り米国にもお仕事で行き合計64フライトしました。昨年は51フライトでしたから2割増し強でした。ブログ記事は昨年195だったのに対して今年は多分170になりますので、13%減になります。

 今年はブログ記事も仕事の上でも航空機関連が多かったように感じます。

Img_0789

 6月に開催された『航空宇宙産業の非破壊検査シンポジウム』は企画提案者として準備を進めてきました(1)。

 9月と3月に札幌で開催された『航空機部品市場新規参入セミナー』に参加して、新しい知己を得て交流が開始されました(2,3,4)。9月には航空機の非破壊検査に関連して経済産業省に呼ばれて意見交換をしてきました(5)。そのほか大手銀行系の研究機関と意見交換など、いくつかの水面下の動きをしてきました。

 この分野来年ぐらいから大きな動きが出てくるかも・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "2016年のかたちのココロ その1 『航空機とモグラ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

American Airlines flight 383 タービンディスク破壊の起点は内部介在物

 American Airlines flight 383のエンジン(CF680c2)の高圧タービンディスクが、シカゴオヘア国際空港を離陸滑走中に破壊する事故が起きてから、1か月が経過しました。私がシカゴへ出張へ行く前日のことでした。

 事故から1週間後の11月4日、米国国家運輸安全委員会(NTSB:National Transportation Safety Board)は事故の概要をプレスリリースというかたちで発表しています(こちら)。

 そこには破壊したディスクの破面も公開されていて、金属疲労であり、疲労破壊の起点はボア部内部の介在物であるとされています。

  One of the fractures exhibited features consistent with fatigue cracking initiating at an internal inclusion near the forward side of the hub’s inner bore. 

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

Dca17fa021photo2s

続きを読む "American Airlines flight 383 タービンディスク破壊の起点は内部介在物"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

American Airlines flight 383 ディスクの破面

 今年10月28日シカゴオヘア国際空港で起きたジェットエンジン(CF6-80C2)タービンディスク破壊事故では、11月4日の時点でNTSB(National Transportation Safety Board)から破壊した高圧タービンディスクの破面が公開されています。 

American_airlines_flight_383

 こちらで公開されている写真に注釈を入れてみました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "American Airlines flight 383 ディスクの破面"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

空飛ぶ非破壊検査エンジニア

 14日22時近くに自宅に戻りました。家人と若干話をして、着替えたらドット疲れが押し寄せてきて、そのままベットにバタン。気が付いたら朝の6時でした。

 朝風呂と朝食をいただいて、留守中に届いていた郵便物を確認して、必要なメールをして、blog記事を1本書いて、あわただしく空港に向かいました。

Img_0335

 雨の新千歳空港を飛び立って、雲の上。

Img_0337

 飛行中、昨日記事にしたAmerican Airlines flight 383の事故のことが気になり、航空機エンジンの事故関係の資料を見ていました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "空飛ぶ非破壊検査エンジニア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シカゴオヘア空港で重大事故(American Airlines flight 383)

 私がシカゴに出張しシカゴオヘア国際空港に到着したのが10月30日でした。その2日前の10月28日に、オヘア国際空港で重大事故が起きていたことを、帰国後知りました。11月4日付でNTSB(National Transportation Safety Board)のプレスリリースがありました。

 10月28日に、アメリカン航空383便( Boeing 767-300)がオヘア空港を離陸しようとしたときに、右エンジン(GE CF6-80c2 )高圧タービン第2段ディスクが破壊して空港内に飛び散るという事故でした。

Dca17fa021airportoverview

 (写真はNTSBのHPより)

Dca17fa021photo1s

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "シカゴオヘア空港で重大事故(American Airlines flight 383)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧