非破壊検査

材料屋としての自殺行為 神戸製鋼データ改竄事件

 耳を疑う衝撃的なニュースが飛び込んできました。毎日新聞記事『神戸製鋼 データ不正 アルミ・銅 強度不足も』。

 いろいろな製品の設計は、強度データをベースに行われるわけで、元データが改ざんされているとしたら、すべての設計計算が意味をなさないということになります。材料屋としては、「ちょっと間違いました」というレベルではなくて、自殺行為だといわざるを得ません。それをあの神戸製鋼がやるかという感じです。

 神戸製鋼のコメント

Kobelco

 美しい言葉の背後でやられていることのせこさ。あきれるばかりです。でも、最近こういうことが社会に蔓延しているような気がします。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "材料屋としての自殺行為 神戸製鋼データ改竄事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開発の仕事は困難があるからこそ

 5日(木)に某社の開発プロジェクトの責任者の方が苫小牧市に来られて、小一時間打ち合わせをしました。

 このプロジェクトは今年春先に新たな開発目標を掲げました。いくつかのトライアルを重ねてきましたが、ここまでのところ出口が見つかっていません。

 暗礁・デットロックという言葉が頭をよぎります。

 まぁ、容易にできないお題であるから価値があるともいえるわけで・・・。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "開発の仕事は困難があるからこそ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっちゃった日産が失ったもの

 「やっちゃえ日産」がやっちゃったようですね。NHKニュース『日産 国内全工場でずさん検査常態化 原因究明へ』。

 全社で行われており、いつからかも不明というのだから深刻です。

 非破壊検査もそうですが、検査行為というものは直接個別の製品に痕跡を残すわけではありません。極論を言えばやってもやらなくてもわからないわからないわけです。ただしコストはかかります。

  ですから目先しか考えないコストカッターから標的にされやすい部門です。今回のケースは、有資格者の配置をしなかった人件費の削減を会社の方針として行っていたということでしょう。

 こんなプレッシャーをかけられた現場は技術屋の誇りを捨てなければ、その仕事には就けません。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "やっちゃった日産が失ったもの"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『超音波探傷入門 デジタル探傷器編』増刷へ

 日本非破壊検査協会(JSNDI)から連絡が来て、『超音波探傷入門 デジタル探傷器編』が増刷になるということです。2013年9月に発刊され、2014年6月、2016年1月と増刷を重ねて今回で4刷目です。

Img_2839

 JSNDI仕様のデジタル超音波探傷器が試験と講習会に導入されるようになった当初から、「デジタル探傷器なのだから少なくとも基本的な操作について疑似体験できるパソコンソフトを作ることは可能なはずで、これを作って配布すべき」と主張し続けてきました。言ってみるもんですよね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "『超音波探傷入門 デジタル探傷器編』増刷へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェットエンジン教材が転がっている実習室

 今年も日本航空専門学校で超音波探傷の講習をしてきました。

Img_2809

 会場は5年前まで私が拠点としていた、材料実習室。座学と超音波探傷の実習ができる教室の裏側には、実習教材が置いてあります。磁粉探傷・浸透探傷・放射線透過試験ができる小部屋をがあり、その中央に少し広い実習場があります。そこには引張試験機・シャルピー衝撃試験機・硬さ試験機などの材料試験関係のほかにジェットエンジン関係の教材が置いてあります。

 多くは少々型式は古いものの実際に稼働していた本物です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "ジェットエンジン教材が転がっている実習室"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IPROS Thech Noteで連載開始

 表題の通り、PROS Thech Noteで連載を開始しました。

Ipros

 タイトルは『破壊工学の基礎知識』です。き裂のある部材の強度について、その考え方の基礎を解説します。8回の連載予定です。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "IPROS Thech Noteで連載開始"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋刀魚の輝きと読者との出会い

 昨日(9日)から仙台高専広瀬キャンパスで日本非破壊検査協会東北支部主催の講習会で講師の仕事をしています。

Img_2754

 旧名を仙台電波高専と言っていました。校舎の上には電波塔が立っています。

 私は浸透探傷レベル2を担当しています。同時に超音波探傷レベル1、レベル2の講習が開催されています。比較的少人数のこともあって、積極的な質問が出てくる双方向の教育訓練になっています。やっていて楽しいですね。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "秋刀魚の輝きと読者との出会い"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日立造船堺工場で

 本日のお仕事場は、日立造船堺工場でした。

Img_2715

 巨大なクレーンに大きな工場建屋。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "日立造船堺工場で"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAL123便事故から32年

 8月は追悼の日が続きます。本日8月12日は、日本航空123便が御巣鷹山に墜落した日です。あれから32年。

 当時私は34歳。苫小牧東部石油備蓄基地の中で共備8番タンクの仕事をしていました。これを汗まみれ油まみれというのだという仕事でした。

 非破壊検査の資格磁粉探傷、浸透探傷、超音波探傷の2種(いまでいうレベル2)の資格をようやくとったばかりでした。仕事でくたくたに帰ってきてから、ニュースを隅々まで食い入るように見ていました。

 当時飛行機とは直接関係は無かったけれど、金属疲労と闘う技術者の端くれとして、強烈に胸に刺さってきました。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
 

続きを読む "JAL123便事故から32年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Boeing787主翼の破壊試験

 昨日の記事でBoeing787主翼の反りについて書きました。この反りが大きくなると破壊します。破壊強度は材料力学・構造力学を駆使して計算され設計されています。実物による破壊試験も実施されています。

B787wing_loading_test2

 2009年に記事にしましたが、リンクが切れていることもあり、再掲します。

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
ポチッとクリックで応援

続きを読む "Boeing787主翼の破壊試験"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧